Kinoie Work Gallery

vol.05

上刈の家

昔からずっとそこで暮らしていたかのような佇まい。眼下に広がる田園と地元の工場、そして山々の景色を眺める窓越し。その床に腰を下ろしただけで感じるこの落ち着きは、昔子どもの頃に体験したおじいちゃんおばあちゃんの家のような懐かしさと居心地にも似た感覚を彷彿とさせます。新しいのにどこか人工的でない懐かしさを感じる住まいです。

杉の横板張りが美しいテクスチャ
キノイエ特有の薄くてシャープな片流れの屋根に、今回初の横板張り仕様の外壁のテクスチャを採用。糸魚川を囲む山々の景色をいただく田園の中に建てられたこの住まいは、周囲の自然環境とよく調和しながら、つつましくも存在感が光っています。
ソトとつながる心地よい空間配置
デッキの向こうに広がる田園、その先にある幻想的な工場、そのさらに奥に広がる山々の景色がリビングと一体になる視界設計。住まいの中に自然を取り込む大開口部を持ちながらも、壁や建具の配置による内部の適度な「薄暗がり」をつくることで落ち着いた空間を生み出しています。
山々の景色を取り込むコーナー出窓
2階の寝室には、コーナー出窓を配置しました。窓の向こうに映し出されるのは、周囲の田園風景、明星山をはじめとする山々の景色。季節の変化を楽しむことができます。また、近隣にはセメント工場が大きな存在感を放っていますが、その建物の夜景がこれまた何とも言えない幻想的な美しさ。朝から夜まで変化に富んだ風景を映し出してくれます。また、窓越しに立った時、ベッドに横たわった時との視線の角度の違いによって見える風景バランスが変化することも設計の中に組み込まれています。
何十年経っても飽きのこないスタンダードデザイン
日本建築本来のもつスタンダードな美しさを踏襲したデザインに自然素材の程よい配合バランスで、何十年経っても価値の落ちない家を・・・キノイエの設計ポリシーを素直に表現しています。
EVENT 最新のイベント情報