• HOME
  • kinoieブログ

Staff Blog Staff Blog

もう一組の現地調査員


July 21, 2017

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

July 21, 2017

先日は「住まいの問診票」についてご紹介しましたが、そんな夢の詰まった問診表をいただいたら、今度はそれを元に現地の調査を入念に行います。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

敷地調査とは、一般的に敷地の広さや高低差、道路の位置、巾、方位…などを現地に行って調べることをいいますが、私たちの敷地調査はそれだけでは終わりません。

 

 

お隣さんの高さや、距離、お隣さんの窓の位置、そして周りの景色、住んだ後に見える景色や前の道路を通る人たちからの見え方、太陽の光や風と仲良くする方法などを一つひとつ探っていきます。そこに、問診票で掴んだお客様の理想の暮らし方を重ね合わせながら、その場所に似合う空間をイメージしていきます。

 

 

どこに窓をつけて、どんな景色を 切り取るか…

 

ここに窓をつけると、どんなストレスになるか

 

お隣さんの玄関までのアプローチは…

 

光や風の通り道…

 

通行人やご近所の方からの見え方…

 

簡単な間取り(ゾーニング)をスケッチしてくることもあります。

 

 

今回も、そんなことを考えながら作業を進めていると… もう一組の意外な現地調査員が。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

私たちよりもずっと前からこの場所を調べ尽くしているであろう小さな二人の来訪者。あどけない子どもたちの表情や声に監督員も癒されました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

遊びって、ゲームだけじゃないよね。いっぱい捕まえたかな??

 

 
|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|自然素材の住宅新築・リフォーム|高性能エコハウスを建てる工務店|木の家のハウスメーカー|キノイエ|

「問診表」という名のストーリーブック


July 19, 2017

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

July 19, 2017

弊社では、お客様が土地を決定された後、そこでどんな暮らしをしたいか、理想の家をイメージ・整理して頂くために、お客様から「問診表」を書いていただいています。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

設問項目は実に様々。内容はここでは詳しく書けませんが、私たちのこれまでの長年の経験から編み出されたニクイ質問が随所に散りばめられています。この問診票に回答されたお客様からは、「楽しかった」「照れくさかったけど、たくさん書きました」と毎回好評です。また、同時にお客様にとって、自分たちの暮らしを少し冷静に考える上でも非常に大切な作業になっています。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

今、設計担当の下にいくつかの問診票をお預かりしてます。読ませていただくと、そこには、いずれもほほえましいエピソードばかり。お客様の暮らし・スタイルがイメージしやすい、とってもとっても夢の詰まった、“ストーリーブック”になっています。

 

 

そして、中にはイラスト入りのコメントも…

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

また、問診票は、ご夫婦それぞれに記入していただきます。旦那様への思いやりや、奥様への感謝、気遣い、子供たちへの願い…いくつも垣間見える家族への思いが胸を打ちます。

 

 

暮らしの中の1秒、家族との一瞬 … お客様が大切にしたいこと妄想しながら、素敵な家になるよう、私たちも頑張ります。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|自然素材の住宅新築・リフォーム|高性能エコハウスを建てる工務店|木の家のハウスメーカー|キノイエ|

1年点検にて


July 18, 2017

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

July 18, 2017

先日、キノイエ糸魚川第1号お客様の住まいの1年後の定期点検にメンテナンス担当者と共にお伺いしました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

お引き渡しから早一年ですが、この間、お施主様はとってもきれいに、そして丁寧に住まいを使ってくださっていました。

 

 

点検項目は外部の状態や室内の建具の状況、設備機器の状態など様々。合わせてキッチンの引出しの調整などありましたが、そこはメンテナンス担当の小川さん、前職が住宅設備や建材の会社で多くの現場を担当していただけに、その場で瞬時に解決。この他、後日あらためてお時間を頂きながら相談する案件も含めて、お施主様とたっぷりお打ち合わせ。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

そんな中、奥様から気になる一言が。

 

 

「丸いダイニングテーブルすごくいいんだけど…ちょっと大きすぎかな 向こうに手が届かない…」

 

 

有名な家具デザイナーのデザインを参考に、地元糸魚川産の杉を使用して自社製作した直径約1.2mの丸テーブルでしたが、少し考えが足りなかったかな…と反省。やはり、ご家族それぞれにベストサイズと使い方があり、それを緻密にもっと的確に読み取ることが必要であると再確認しました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

しかし、うれしい報告もありました。この秋に、いよいよご家族が増える予定に。これで、4人掛けのダイニングテーブルの席がようやく全て埋まることになりました。

 

 

幸せな家族の食卓の風景が目に浮かびそうです。

 

 
|上越・糸魚川・妙高で木の家の注文住宅|自然素材の工務店|新築・リフォーム|高性能エコハウス|最高の地元ライフ|小さな邸宅|キノイエ|

夏本番の上棟式


July 16, 2017

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

July 16, 2017

昨日は、上越市内にて新築中のお住いの上棟式でした。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

昨日の高田の最高気温は32.2℃。じりじりと照り付ける太陽の下、職人たちも大粒の汗をかきながら予定通り棟上げを完了。暑い中、お施主様並びに両家のご両親もご臨席の中、厳かに上棟式が行われました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

ずらりと並ぶ職人・技術者たちが羽織る法被に書かれた「タ」の文字。曲尺(かねじゃく)に創業者の名前である「猪又匤(ただし)」から一文字拝借して「カネタ」と呼びます。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

お施主様にとっては、この屋根の上に上がるのはおそらくこれが最初で最後。澄み渡った青空、眼下に広がる周囲の街並みをしっかりと記憶に焼き付けていたのではないかと思います。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

上棟式後、お施主様と共に念入りに施工現場の確認。

 

 

上棟式となったこの日には、既に構造・性能に関する主要部分の施工も完了していました。キノイエで標準採用されている高耐震・高気密・高断熱工法の「プレウォール工法」は現在、弊社がメーカーと共同開発した新工法を採用しています。断熱性能でトップクラスの素材であるフェノールフォーム・パネルはこれまで、構造用合板の外側にのみ設置されていましたが、今回の新工法ではフェノールフォーム断熱パネルを内外両面からサンドさせることで断熱性能をより強化。壁体内のちょっとした空間を無駄にしないつくり、高い製品精度、高効率の施工手順を確立することで、コストを抑えつつ、職人による施工ムラが発生しない仕組みになっています。キノイエの高い品質レベルは日進月歩で進化を続けています。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|フェノールフォーム|上棟|注文住宅工務店|高気密|高断熱|キノイエ|

 

 

現在、上越市内各地でいくつかの新築工事が進行中。今後このブログでも進捗状況を随時ご紹介しながら、キノイエの家づくりについて少しずつ解説していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに。

 

 

|高気密高断熱で夏涼しく快適な住宅|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|高性能エコハウス|木の家|キノイエ|

社長のMUSIC BOXから(vol.9)


July 14, 2017

July 14, 2017

代表猪又の趣味でセレクトされているアーティストピックアップ、いよいよ9回目を迎えました。またまた過去にタイムスリップしますが、今回はあえてモデルハウスでのBGMには直接的に採用されていない曲の中からのご紹介。

 

 

今回ご紹介するアーティストは「Free(フリー)」。1969年にデビューしたイギリスのロックバンドです。活躍した期間はたった4年間ですが、その後のロックシーンに多大な影響を与えた伝説のバンドです。

 

 

 

 

実は、代表猪又が学生時代に組んでいたロックバンドでよくカバー演奏していたバンドの一つが「Free」だったのです。彼らのサウンドは、知る人ぞ知るブリティッシュロックの源流でもあり一丁目一番地ともいえる教科書的存在。ポール・ロジャースのパワフルでソウルフルなヴォーカルとマイクパフォーマンス、ポール・コゾフのメリハリを利かせつつも独特のうねり感と鳴きの入るギターリフ、アンディ・フレーザーのアグレッシブかつブルージーなベースライン、サイモン・カークのビート感と重厚感の両立したドラム・・・と、その全てが魅力的です。そして、このメンバーでなければ生まれない独特のグルーヴ感は、後のロックシーンにおいて様々なアーティストに影響を与えました。何よりステージ・パフォーマンスを含めたビジュアルがかっこよく、今見ても全く色褪せない輝きを放っています。(一説では、日本のロックシーンのカリスマ、矢沢永吉さんもポール・ロジャースのステージ・パフォーマンスに影響を受けたといわれています)

 

 

では、その「Free」の代表曲でもあり、代表猪又が学生時代のバンドでもカバーした2曲“All Right Now(オール・ライト・ナウ)”、“Fire and Water(ファイヤー・アンド・ウォーター)”をお聴きください。

 

 

 

 

 

 

そして、もう一曲。“Mr Big”という曲。こちらは、当時の猪又のバンドの演奏技術ではカバーし切れず断念した曲。とにかく、アンディ・フレーザーのベース演奏が凄い。曲の後半、ポール・コゾフのギター・ソロが最高潮に達するまでは、ベースとして輪郭のあるフレーズを維持し、しっかりと曲のボトムを支えていますが、ギターソロの後半から堰を切ったように一気にベースラインが浮上してきます。重低音から高音域まで非常にレンジの広いメロディラインにトリッキーなフレーズを織り交ぜながら個性的な音を繰り出す彼の演奏センスは秀逸です。ベースがここまで美しく際立つ作品も珍しいと思います。ちなみに、この曲に大いに影響受けたのが、1989年にデビューし、日本でも一躍人気となったアメリカのハードロックバンド「Mr Big(ミスター・ビッグ)」です。このバンドメンバーに、超絶技巧派ベーシストの一人、ビリー・シーンが在籍していることから、この名曲をオマージュしたバンド名にしたという話は有名です。

 

 

 

 

驚くべきは、この「Free」というバンド、メンバーが当時20代という若さでこの渋さとグルーヴ感を放っていたことです。ちなみに、代表猪又が当時組んでいたバンドは、主にこういった70年代のソウル、ブルース、ロックから数々の名曲をカバーすると同時に、これらから影響を受けたオリジナル曲も数多く演奏していましたが、彼らのような渋さを醸し出すことは到底叶わず、その差はまるで小学生と大人ほどの開き。背伸びをしていたあの頃を思い出すと、赤面至極です(笑)

 

 

学生時代の代表猪又の恥ずかしい1枚(大学の学園祭にて)。真ん中の歌い手が猪又です(笑)

 

 

<過去の記事>

社長のMUSIC BOXから(vol.1)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.2)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.3)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.4)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.5)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.6)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.7)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.8)

 

 

|音楽と住まいで最高の地元ライフ|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|キノイエ|

アップサイクルでおしゃれを楽しむ


July 13, 2017

村岡利恵|HÜTTE muumuu|アップサイクル|工務店がつくる上越・糸魚川・妙高の木の家|地元のハウスメーカー|キノイエ|

July 13, 2017

こんにちは。HÜTTE muumuuの村岡利恵です。

 

 

この6月は法事があり京都へ行っていましたが、その旅の途中でユニークな体験をしてきました。

 

 

「Lore(ロア)」という日本の伝統工芸品制作から出た資材を活用したブランドが、ちょうど実家近くで展示会を行っていました。以前地域おこし協力隊の仕事をしていたときに知り合った、京都・丹波市の仲間が関わっていることもあり、せっかくの機会なので再会がてら訪ねました。

 

 

村岡利恵|HÜTTE muumuu|アップサイクル|工務店がつくる上越・糸魚川・妙高の木の家|地元のハウスメーカー|キノイエ|

会場は大阪府枚方市の星ヶ丘洋裁学校内にある「SEWING GALLERY」。緑に囲まれた素敵な場所です。

 

 

ところで「アップサイクル」という言葉はご存知でしょうか?

 

 

ただのリサイクルではなく、アップという接頭語がつくように、元ある価値よりも高いものにリサイクルするという意味合いがあります。この「Lore」はそれをテーマにしたブランドです。

 

 

会場で行われていた「TSUMIKI イヤリング作り」というワークショップに私も参加してみました。これは丹波地方の伝統工芸であるつづれ織りの過程で出る端糸を巻き玉やタッセルにしたものを使います。また木のパーツやビーズは木工作品の端材から作られています。これらは福祉作業施設のみなさんが手作業で作っているもの。

 

 

村岡利恵|HÜTTE muumuu|アップサイクル|工務店がつくる上越・糸魚川・妙高の木の家|地元のハウスメーカー|キノイエ|

少しピントがぼけてしまっていますが、これらのパーツを使ってイヤリングを作ります。

 

 

村岡利恵|HÜTTE muumuu|アップサイクル|工務店がつくる上越・糸魚川・妙高の木の家|地元のハウスメーカー|キノイエ|

針金にパーツを通していくだけで簡単にできました。

 

 

わりと大ぶりのパーツだったので、片耳用のイヤリングにしてみました。好きな色の巻き玉やビーズを使うので、同じものはひとつとないはず。このワークショップは今後も「Lore」の展示会で開催されるそうですので、Facebookページ(https://www.facebook.com/Lorejapan/)で情報をチェックしてみてくださいね。

 

 

そして、この7月にキノイエを手がけるカネタ建設がある糸魚川市で開催されたワークショップにも参加しました。市内にある縫製工場・美装いがらしのファクトリーブランド「ao daikanyama」(http://www.ao-daikanyama.com/)が開催した、「青と森のエール」というイベント。こちらで参加者が手持ちの洋服を使う藍染体験があったのです。

 

 

持っていったのは「dosa」というアメリカ西海岸のブランドのスリップドレス。とても気に入っていたのですが、白だと透け感があってなかなか出番がなかったものです。とはいえ、お気に入りを染めるとなると多少なりドキドキしたのも事実。失敗したらどうしよう、思った通りにならなかったらどうしよう……。

 

 

村岡利恵|HÜTTE muumuu|アップサイクル|工務店がつくる上越・糸魚川・妙高の木の家|地元のハウスメーカー|キノイエ|

裾のレースも様々な素材の布を使っていて、かなり凝ったデザイン。

 

 

村岡利恵|HÜTTE muumuu|アップサイクル|工務店がつくる上越・糸魚川・妙高の木の家|地元のハウスメーカー|キノイエ|

藍建てのカメ。ここに服を浸けて染料を染み込ませた後、空気に触れさせながら洗い流します。

 

 

染料に浸けると、何とも言えない黄土色のような緑色のような微妙な色に。失敗した!……と思いましたが、水で染料を落としながら空気に触れさせると、とても鮮やかな藍色にと変わっていったのです。

 

 

実はdosaの別の洋服で藍染のシャツワンピースを持っているのですが、それと合わせてみるとセットアップされていたかのような違和感のなさ!

 

 

村岡利恵|HÜTTE muumuu|アップサイクル|工務店がつくる上越・糸魚川・妙高の木の家|地元のハウスメーカー|キノイエ|

少しわかりづらいかもですが、今回染めたスリップワンピースにシャツワンピースを重ねています。揃いで買ったような仕上がりに。

 

 

リサイクルとかサスティナブルとかもいいですが、同じ環境や資源のことを考えるなら、アップサイクルで元のものよりも少しでもいいものになったほうが、その分うれしさも増える。こういったことにトライしているブランドはこれからも注目していきたいです。

 

 

今回で私のキノイエブログへの執筆は一旦お休みとなります。私の暮らしのあれこれがみなさまの暮らしのアイデアに繋がればいいなと思っています。また違った形でお目にかかれるのを楽しみにしていますね。

 

 

 

<村岡利恵>
長年東京でインテリアやデザイン関連の雑誌編集に携わる。2016年に長野県大町市へとIターンし、2017年7月から高瀬渓谷の森のなかの別荘地で「HÜTTE muumuu」という朝食だけのカフェと編集&デザイン業を営む。キノイエスタッフと縁があり、雑誌編集者時代に触れたいろいろなもののことや、高瀬の森での新しい暮らしづくり、旅のことなど、当ブログで不定期に執筆。

 

 

 

|最高の地元ライフ|新潟県の工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|キノイエ|kinoie|

軒と土間のある夏の暮らし


July 12, 2017

吉田兼好|夏|日本建築|注文住宅|工務店|上越|糸魚川|妙高|木の家|キノイエ

July 12, 2017

じりじりと照り付ける太陽。いよいよ本格的な夏の到来を感じさせる日が多くなってきましたね。

 

 

こんな暑い日、昔の人はどのように暮らしていたのでしょう?今から700年近く前の大昔、吉田兼好は徒然草にて「家のつくりやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる…」という有名な言葉を残しています。ご存知の方も多いことでしょう。要するに、「冬の寒さは厚着をする等でどうにかなるが、夏の暑さはどうにもならない。だから、住まいづくりは、夏の暑さ対策を第一に考えよ。」という意味になります。高温多湿の日本の夏の暮らし方は昔から重大な関心事であったのです。

 

 

吉田兼好|夏|日本建築|注文住宅|工務店|上越|糸魚川|妙高|木の家|キノイエ

 

 

そう考えると、日本の古寺や歴史的な建築物の多くは、日射遮蔽と通風のメカニズムがよく考えられており、真夏でも内部が非常に涼しい構造になっていることがわかります。先人の知恵とは偉大です。

 

 

さて、現代の私たちの住宅事情に目を向けてみましょう。近年建てられた住宅のほとんどは、この季節、窓を閉め切ってエアコンをフル回転・・・というパターンが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

もちろん、快適であればそれはそれで全く問題ありません。でも、そんな真夏に、昔の日本建築のように自然な涼を感じられる環境が少しでもあるなら、私たちの暮らしはもっと豊かで味わいのあるものになるのではないでしょうか。

 

 

町家

 

 

つい数十年前まで一般的であった町家づくりの家は、うなぎの寝床のように細く長い伸びた軒先に簾(すだれ)が、中を覗くと奥まで長く続いた土間スペースがありました。容赦なく照りつける日差しは、長く伸びた軒と簾によって遮られ、外から家の奥に侵入してくる熱風は、一旦、冷えた土間の上を通り抜けることで冷却され、家の奥に入ってくる頃には心地よい風に変わるようになっています。今のようにエアコンなどない時代に編み出された先人の知恵。日本の住宅はつい最近まで吉田兼好の教えをしっかりと守っていたのです。

 

 

私たちキノイエの家づくりは、そんなちょっと昔の日本の住宅の英知を現代の高性能住宅の技術とミックスさせることで、一般的な現代の住宅とは違う解放感や快適さを実現させていることが最大の特徴です。「気密性も断熱性も地域トップクラスでありながら、解放感も抜群の家」とでも表現すれば分かりやすいでしょうか(笑)

 

 

新潟の工務店|注文住宅|現代町家|自然素材の家|木の家|キノイエ|

 

 

そのヒントは「ソトに伸びた軒」、そして「ナカにつながる土間」の存在にあります。コンパクトでありながらダイナミックな軒の出、室内に大きく取り込んだ土間スペースが、真夏の太陽光を遮ると同時に、流れる空気をやわらかく冷やす機能をもち、ソトとナカを絶妙につなぐことで、心地よい風を取り込む空間を生み出しています。

 

 

ゲヤと離れ|キノイエ|新潟県上越市・妙高市・糸魚川市の注文住宅|木の家づくり工務店|

 

 

大谷石の土間|キノイエ|新潟県上越市・妙高市・糸魚川市の注文住宅|木の家づくり工務店|

 

 

|注文住宅|工務店|上越|糸魚川|妙高|土間|大谷石|キノイエ|塩屋新田の家

 

 

キノイエの住まいは、春夏秋冬全ての季節で感動を味わうことができる本物の家づくりを追及しています。以前、モデルハウスにご来場いただいたことがある方も、ぜひ真夏のキノイエを体験してみてはいかがでしょう。きっと新たな感動に出会えると思います。

 

 

吉田兼好|夏|日本建築|注文住宅|工務店|上越|糸魚川|妙高|木の家|キノイエ

 

吉田兼好|夏|日本建築|注文住宅|工務店|上越|糸魚川|妙高|木の家|キノイエ

 

 

|涼しい家|工務店|自然素材|木の家|上越|糸魚川|妙高|新築|リフォーム|高性能エコハウス|注文住宅|最高の地元ライフ|キノイエ|

企画進行中~オレンジフェア2017


July 10, 2017

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

July 10, 2017

毎年恒例のカネタ建設お客様感謝祭「オレンジフェア」の実行委員会スタッフによる準備がいよいよ本格的になってきました。

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

こちらは、先日開催された企画会議の様子。このイベントは今年で13年目を迎えますが、第1回目から今までずっと、全てスタッフたちの手づくりにこだわり、企画・設営・運営の一切を内製化しています。

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

ご覧のように、会議では、スタッフたちの手描きコンセプトイメージなどを駆使し、ワイワイと自由な議論が飛び交います。イベント実行委員会スタッフは、土木技術者、建築担当者、営業スタッフ、事務スタッフなど、誰一人イベントの専門家ではありませんが、完成したイベントでは、毎年半日で3,000人以上の来場(昨年は4,000人!)を記録するというモンスターイベントに成長しています。

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

気になる今年のテーマは、今月後半までのお楽しみとして・・毎年、このオレンジフェアの企画がほぼ固まると、開催前に必ずスタッフで決起集会が行われます。

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

決起集会では、盛り上がり過ぎて、なぜか中途半端なChoo Choo TRAINを決行(笑)※ちなみに、今年のイベント企画とは一切関係ありません(笑)

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

この結束力が、様々な挑戦を可能にするチームの原動力になっています。

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

弊社の中では、オレンジフェアをいわゆる「人の展示会」と位置付けています。何事にも全力投球で、まずはスタッフ自らが楽しみながら、お客様に、そして地域の皆様に最高の夏の一日を提供したいという気持ちを大切にしています。住宅見学会やモデルハウスへ行くのは敷居が高いと感じている方でも、このイベントでは私たちの会社を身近に感じていただけるのではないかと考えています。

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

今年のオレンジフェアは、山の日である8月11日(金・祝)を予定しています。どうぞお楽しみに。

 

 

<感謝祭「オレンジフェア2017」>

▶開催日時
8月11日(金)山の日/10:00~15:00
▶会場
糸魚川市民会館前特設広場(昨年と同会場)

 

 

|感謝祭|オレンジフェア|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|木の家をつくる工務店|新築・リフォームのデザイン|キノイエ|

 

 

|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|最高の地元ライフ~キノイエ|

真夏も快適


July 9, 2017

高気密高断熱住宅|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

July 9, 2017

九州北部地方を襲った豪雨の被害が拡大しています。福岡県と大分県で合わせて18人の死亡も確認されており、安否不明の方の状況も心配されています。被災された皆様には心からお見舞い申し上げますと共に一日も早い復旧復興を願っています。

 

 

さて、上越地域は連日の豪雨が明けて、昨日の市内はとても暑かったですね。高田観測所の最高気温は今月初めて30℃を超え、いよいよ本格的な夏の到来を感じさせます。

 

 

そんな昨日のキノイエモデルハウス「塩屋新田の家」の日中の温度計はこのような感じに。

 

 

高気密高断熱住宅|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

じりじりと照りつける陽射しに、デッキテラス上の温度もぐんぐん上昇。

 

 

しかし、室内の環境はこんな感じです。

 

 

高気密高断熱住宅|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

もちろん、エアコンは1台が静かに弱運転しているだけで、家の中全体が隅々まで25℃前後をキープしています。エアコンに負担をかけないので電気代も安心。この見た目では分からない住宅の基本性能の決定的な違いは、ぜひ過去のブログを紐解いていただければと思います。

 

 

高気密高断熱住宅|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

冷暖房設備機器は入れ替えが簡単にできますが、家そのものの基本性能は簡単に取り換えが利きません。デザインや価格と同じくらい、いや、それ以上に将来のランニングコストと健康に直結する外皮性能についての知識を深めることが、一生涯の買いものである家づくりで失敗しない最良の道です。

 

 

こうした専門分野は、上越エリアでいちばん早く省エネ建築診断士を取得している専門集団の弊社までぜひお問い合わせください。

 

 

|高気密高断熱で夏涼しく快適な住宅|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|高性能エコハウス|木の家|キノイエ|

小さなコンシェルジュ


July 7, 2017

|上越・糸魚川・妙高の工務店|木の家の注文住宅|新築・リフォーム|キノイエ|

July 7, 2017

とある日のモデルハウス「塩屋新田の家」にて。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|木の家の注文住宅|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

スタッフと一緒に小さな女の子が二人仲良く遊んでいますが、実はそのうち一人は、弊社の杉ノ上支店長の長女ちいちゃん。この日は、家庭の事情でちいちゃんの預り手がなかったので、一日お母さんと一緒にモデルハウスへ。その日ちいちゃんは、お子様担当としてなんと3組のお客様の接客をしてくれました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|木の家の注文住宅|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

お客様のお子さんととても仲良くなったちいちゃん、お客様の帰り際、「また遊びに来てね♪」とにっこり笑顔でお見送り。お客様のお子さんも、次回のお打ち合わせでまた一緒に遊べることをとても楽しみにしている様子でした。

 

 

こちらは、接客が終わり少々お疲れ気味の様子。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|木の家の注文住宅|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

でも、ちいちゃん、本当によくがんばりました。スタッフたちから客観的に見ても営業マンとしての素質は十分。将来、ママを見習ってとっても優秀な住宅コンシェルジュになれるでしょう(笑)

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|木の家の注文住宅|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|小さなコンシェルジュ|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材|木の家の注文住宅|高性能エコハウス|キノイエ|

12333
前へ 次へ
Copyright c kaneta All Rights Reserved.