• HOME
  • kinoieブログ

Staff Blog Staff Blog

天使の取り分


November 16, 2017

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

November 16, 2017

先日、「株式会社ベンチャーウィスキー」様の秩父蒸留所見学にお邪魔させていただきました。業界関係者でなければなかなか入れない蒸留所の製造工程を、今回特別に見学させていただくことができました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

株式会社ベンチャーウィスキー 秩父蒸留所とは、羽生蒸溜所創始者の孫である肥土伊知郎(あくといちろう)氏が創業した小さな蒸溜所です。2008年2月に稼働を始め、秩父の風土に根ざしたシングルモルトウイスキーづくりが行われています。ブランド名は肥土氏の名前を冠した「イチローズ・モルト」。小さな蒸留所とはいえ、世界では珍しい日本古来の木「ミズナラ」の樽で発酵させたその個性的で本格的なフレーバーは、わずか数年で世界的に広まりました。まさに「現代のマッサン」として、ウィスキー通の間では有名な存在です。

 

 

以前もブログでご紹介しましたが、弊社代表猪又は無類のシングルモルトウィスキーファン。それも、一般的な飲み口のよいウィスキーよりも、スモーキーでクセの強い銘柄を好んで飲みます。なので、このイチローズ・モルトは、猪又の大好物でもあります。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

イギリスの『ウイスキーマガジン』のジャパニーズモルト特集で最高得点の「ゴールドアワード」に選ばれたり、2012年に同社蒸留した最初のモルトウイスキー「秩父 ザ・ファースト」がジャパニーズウイスキー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、ここ数年で世界的なウィスキーブランドとして名前が知られるようになったイチローズ・モルトですが、まだまだ年間生産能力は極小。本場スコットランドの有名スコッチブランドのわずか2~3日分の生産量に過ぎません。小さな体育館ほどの工場内に精麦機、発酵樽、蒸留窯、瓶詰機などが所狭しと並んでいます。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

製造工程をすべてお伝えするのはここでは難しいので、ポイントだけご紹介。まず、発酵させた麦汁が送られるのが、こちらの単式蒸溜釜(ポットスティル)。秩父蒸留所はこの2基のみで、この形状は蒸留所が生み出すテイストによって様々。それが各蒸留所の個性になっており、魔法のランプのようなこの形はベンチャーウィスキーの顔ともいえます。ちなみに、ポットスティルはフルオーダーで手打ち銅製。とても美しいです。この2基の役割分担は明確で、まず左側のウォッシュスティルで一度蒸溜されたものを右側のスピリットスティルで再溜し、出来上がったスピリッツのいい部分、これをミドルカット(ハートとも呼ぶ)といいますが、そのミドルカットの部分だけを熟成させるということで独特のフレーバーをつくります。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

イチローズ・モルトの製法で最大の特徴はここから。ウィスキーの味は、先ほどのスピリットのいい部分の仕分け、つまり、どこからがハートなのかを見極めることが非常に大事な作業になります。一般的なスコッチ蒸留所では、温度をはじめとする様々な数値を元に決められたタイミングで蒸留窯を移動させるのですが、イチローズ・モルトの場合は、なんと「人間の嗅覚」を頼りにします。スティルマンと呼ばれるエキスパートがノージング(嗅ぎ分け)することで見極めを行っている点が最大の違い。まさに職人技。そういう人間的なところに魅力を感じてしまいます。家づくりにも通じる部分ですね。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

ところで、ウィスキーを熟成する過程では、年間に数%の割合で中身が蒸発しますが、そのことを通称「天使の取り分」あるいは、「天使の分け前」と呼んでいます。それは、天使たちがいいお酒になるようにとその樽に魔法をかけてくれる代わりに、ほんの少し天使たちがおすそ分けをもらうという、なんとも夢のある考え方に由来しています。その天使の取り分ですが、本場スコットランドでは、平均2%。それに対し、ここ秩父蒸留所のイチローズ・モルトの樽からは毎年3〜5%が消えていくということです。秩父の天使はやや飲んべえらしいですね(笑)

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

蒸留所と貯蔵庫の視察の後、最後はお楽しみの試飲です。ちなみに、商品化されているものの大半はアルコール度数40度以上。製品化の前のNEWポットのサンプルに至っては、60度以上。何も知らずにワインのようにグビッっとやってしまった人たちは、みんな咽び込んでいました。やはり、分を超えた取り分を口にすると天罰が下るようです。秩父の天使さんたちもさぞかし笑っていることでしょう(笑)

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|ベンチャーウィスキー視察|

 

 

ステキな時間をありがとうございました。

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|カネタ建設|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

「大和の家」完成見学会スタート


November 14, 2017

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

November 14, 2017

昨日に続きまして、本日は週末同時開催となったもう一つのイベント、「完成見学会 大和の家」の模様をお伝えいたします。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

こちらは、上越市大和地内に完成した、通称「雁木のある暮らし」をテーマにしたキノイエの最新作。なんと、11月11日(土)より30日(木)までの20日間、連続公開の見学会となります。(平日・休日を問わず、10:00a.m.~4:00p.m.まで毎日公開中)

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

こちらも、土曜日の大雨の影響で、少しお客様の出足が悪かったスタートとなりました。

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

それでも、その後、チラシやウェブで情報を知ったお客様が上越市内、糸魚川市内を問わず、何組もご来場いただきました。

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

玄関までの雁木アプローチ、そして広い土間空間が開放的な玄関ホールと吹き抜けに、「わぁ、いいなぁ」と思わず声を上げていたお客様も。

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

やはり、キノイエの世界観は唯一無二。コンパクトでありながら広がりのある空間、そして自然素材を程よく設計に取り入れたハイクオリティな仕上がりに、ご来場された多くのお客様に共感をしていただいていることを実感します。

 

 

|完成見学会|大和の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

こちらもご来場いただきました皆様に心より感謝申し上げます。「大和の家」は、今月30日まで平日も公開中です。ご見学には、ご予約いただけるとご案内がスムーズです。詳しくは、こちらのイベント情報をご覧ください。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|大和の家|完成見学会|雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店|カネタ建設|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

kinoie cafe & marche #2


November 13, 2017

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

November 13, 2017

週末2日間は、上越市内で同時開催のイベントを実施しました。

 

 

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

本日はまず、上越モデルハウス「塩屋新田の家」で行われた「kinoie cafe & marche #2」の模様からお伝えしたいと思います。

 

 

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

初日の11日(土)はあいにくの悪天候。激しい雨振りで少しお客様の出足も悪かった土曜日の午前中。それでも塩屋新田の家は、そんな雨模様も絵になる素敵な空間。

 

 

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

今回は、スゥイーツ工房くみさん、お茶の正香園さん、八百屋の土田さんにご協力いただき、住宅街にある小さな邸宅の小さなカフェ&マルシェを設営。いつもながら、こうしたこだわりのお店に主旨賛同していただき、出店のご協力をいただけるのは本当にありがたいことです。

 

 

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

そんな悪天候の中でも今回も何組みもの客様にご来場していただきました。

 

 

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

住宅会社のモデルハウスの展示会とはまったく趣が異なるこのカフェ&マルシェの雰囲気に、訪れた方からは、「なんか他の展示場と全然違いますね」という嬉しい言葉が。通常、住宅展示場を訪れる多くのお客様は、「営業マンに売り込まれそう」というイメージから、とても警戒してご来場されるのが普通ですが、なぜかここにご来場いただいたお客様は、積極的にスタッフに話しかけていただいたり、質問を投げかけていただける方が多いのです。「ここは別格」「とても新鮮」「時間の流れ方が違う」等々、これまでの住宅展示場のイメージを覆すテイストに皆さんとても興味を持っていただけたからこその反応なのかな?と、私たちスタッフもとても嬉しく感じています。

 

 

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

「建物を見る」のではなく、「そこにあるゆっくりとした時間」や「暮らし方そのもの」を感じ取れる展示場、それがキノイエの最大の魅力。そして、その空気感を敏感に感じ取っていただけた方は、日を分けて何度も足を運んでくださいます。

 

 

|kinoie cafe & mache #2|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

今回も新しい出会いがありました。ご来場いただきました皆様に心より感謝申し上げます。また次回もどうぞお楽しみに。

 

 

 

|カフェ&マルシェ|上越・糸魚川・妙高の工務店|カネタ建設|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

社長はやっぱり閻魔大王(⁉)


November 10, 2017

|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

November 10, 2017

先日、産休中の建築スタッフ藤田さんが赤ちゃんを連れて本社に遊びに来てくれました。

 

 

|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

スタッフが代わる代わる赤ちゃんを抱っこしようと近づくと、見知らぬ大人たちに囲まれた赤ちゃんはすぐさま大泣き。そんな姿もとても愛らしいですね。

 

 

そこへ、その声に気付いた代表猪又が「どれどれ♪」と近づくと・・・

 

 

|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

泣き声は最高潮に!これまでとは比較にならない大きな泣き声が事務所内に響き渡りました。・・・どうやら、“社長は怖い存在”ということが無意識のうちに理解できるのでしょう(笑)

 

 

8月のオレンジフェアで閻魔大王を演じた(つもりだった)代表猪又、どうやらそれは仮の姿ではなかったようですが、当の本人は「お母さんを見習って、早く免疫をつくってね~♪」と、なんとも無責任な発言(笑)

 

 

|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

それにしても、事務所内にこだまする元気な赤ちゃんの泣き声とそのあどけない表情に、スタッフ一同とても癒された瞬間でした。

 

 

|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

さて、いよいよ明日からイベントが盛りだくさんです。詳しくはイベントページをご覧ください。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|カネタ建設|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

変わらないスタイル


November 8, 2017

|自然素材の工務店|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|カネタ建設|

November 8, 2017

昨日は、上越支店メンバーと本社営業部長内山、そして代表猪又の仲間で、少し早い忘年会とチームの結束を固める決起大会の意味を兼ねて、懇親会を行いました。

 

 

|自然素材の工務店|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|カネタ建設|

 

 

会場は、直江津にある昨年オープンした居酒屋「SAMURAI」さんにて。上越支店長の杉ノ上よりチームメンバー皆さんへの労いの言葉とこれからの決表明、そして「今日は社長も部長も同席しているので、この機会に思いの丈をたくさんぶつけちゃいましょう!」という前フリの後、代表猪又より乾杯の挨拶。猪又からは、「今日は皆さんの普段言えなかった思いをたくさん聞きたいと思います!・・・でも、酔うまでの最初の30分間は優しくしてね(笑)」という返しでスタートしたものの、乾杯直後からみんなのマシンガントークが一気に炸裂!とはいっても、終始爆笑が絶えないとても楽しい懇親会となりました。

 

 

|自然素材の工務店|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|カネタ建設|

 

 

肝心の会話の中身は?・・・といえば、東京ディズニーリゾートの攻略法から家族の話、果ては独身スタッフのイマドキの恋愛観とおせっかい上司のキューピット作戦、スタッフの「モテ期」についてまで、プライベートな話題を中心に実に盛沢山。仕事の話はというと・・・ほとんどありません(笑)でも、これもチームワークという点では、仕事に通じる大事な時間の共有といえるでしょう。

 

 

|自然素材の工務店|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|カネタ建設|

 

 

締めの挨拶は、本社内山営業部長より「とにかく明るいのが何より。これからもみんな前向きなチームでやっていきましょう。」と、上越支店のチームワークに力強いエールが。そして、上越~糸魚川間を縦横無尽に行き来する現在絶賛独身中(笑)の松川君の一本締めで一次会はお開きになりました。

 

 

|自然素材の工務店|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|カネタ建設|

 

 

ここで、社長・部長の糸魚川組の二人は帰りの電車へ・・・とはいかず、支店メンバーと共に直江津駅前の人気居酒屋「ひろ坊餃子」さんへ(笑)こちらでも出発時間ギリギリまで名物餃子とおつまみを囲み、楽しい会話が続きました。

 

 

|自然素材の工務店|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|カネタ建設|

 

 

弊社は、こうしたチームごとの懇親会とは別に、会社全体でも最低年6回以上は集まって懇親を深めています。仲間がお互いをよく理解し合い、最高のチームワークとパフォーマンスを仕事で発揮する背景には、こうした普段のコミュニケーションが下地となっています。時代が変化し、コミュニケーションのあり方やツールが多様化する現代でも、私たちのスタイルは、80年以上の歴史の中にあっても変わらず脈々と受け継がれています。

 
|上越・糸魚川・妙高の工務店|カネタ建設|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

山茶花の季節


November 7, 2017

November 7, 2017

さざんか 山茶花 さいた道

 

たきびだ 焚火だ 落葉たき

 

あたろうか あたろうよ

 

霜やけ おててが もうかゆい

 

 

これは、皆さんよくご存じの童謡『たきび』(作詞:巽聖歌/作曲:渡辺茂)の歌詞の二番目です。この上越地域もそろそろこの季節になってきましたね。

 

 

日本の季節の移ろいを繊細に表現した二十四節気(にじゅうしせっき)の第19番目は「立冬(りっとう)です。ちょうど本日11月7日~21日頃までの間がこの立冬にあたります。初めて冬の気配を強く感じ始める日、秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬とされています。

 

 

二十四節気|上越市・糸魚川市・妙高市の自然素材の家|キノイエ|

 

 

その立冬の期間のはじまり、七十二候(しちじゅうにこう)でいう初候(11月7日~11日頃)は「山茶始開(つばき はじめて ひらく)といいます。実は、ここでいう「つばき」というのは、俗に呼ばれる「椿」ではなく、山茶花(さざんか)のことを指しています。先ほどご紹介した童謡『たきび』の歌詞に出てくる「山茶花(さざんか)」はまさにこの時季の情景を表現しているのでしょう。

 

 

 

 

さて、「山茶花(さざんか)」といえば、実は糸魚川市内にこの名前と同じ名前をもつ飲食店があります。それがこちら、「和食料理 旬彩 山茶花」様。新鮮な魚介を中心に、地元の食材を取り入れた和食のほか、丼物や麺類などの手軽なメニューも豊富で、昼はランチ、夜はミニ会席や一品料理を、糸魚川の地酒と一緒に楽しめるお店です。

 

 

山茶花|和食料理|旬彩|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

その昔、糸魚川市内の街なかで稼働していたちいさな縫製工場の居抜きを利用して全面改装によって誕生したこのお店は、古民家や古い土蔵の扉や建具などを一部あしらったジャパニーズモダンテイストの落ち着いた空間。日中はゆっくり話せるランチ会場として、夜は会合や懇親会などで貸切予約も多い人気のお店です。

 

 

山茶花|和食料理|旬彩|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

山茶花|和食料理|旬彩|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

山茶花|和食料理|旬彩|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

山茶花|和食料理|旬彩|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

・・・実は、何を隠そう、弊社カネタ建設による設計施工でお手伝いさせていただいたお店なのです。童謡『たきび』に始まり、二十四節気の「立冬」、七十二候の「山茶始開(つばきはじめてひらく)」に便乗して、本日ちゃっかりご紹介させていただきました(笑)ご興味を持たれた方はぜひ足を運んでみてください。

 

 

【和食料理 旬彩 山茶花】

<所在地>

新潟県糸魚川市大町1-1-17

TEL:025-553-0016

<営業時間>

11時30分~14時30分(14時LO)

17時~22時(21時LO)

<定休日>

火曜(祝前日は営業)

<席数>

40席

<駐車場>

4台

 

 

|立冬|山茶始開|山茶花|上越・糸魚川・妙高の工務店|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

紅葉ブライダル


November 5, 2017

|シェラリゾート白馬|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

November 5, 2017

昨日は、関連会社のスタッフさんの婚礼にお招きいただき、長野県白馬村にある「ホテル シェラリゾート白馬」様にお邪魔してきました。

 

 

|シェラリゾート白馬|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

シェラリゾート白馬様は、白馬村の森の中にある3万坪という広大な敷地に、日本には数少ない“自然との共生をめざした環境共存型”のホテル。環境建築の始祖といわれる米建築家チャールズ・ムーアの代表作「シーランチ・コンドミニアム」をモデルにつくられたこの建物は、今年5月にご逝去された故富原寛社長自身のセンスとアイディアが注ぎ込まれた社内設計による渾身の作。カナダから直輸入したウエスタン・レッドシダーがとても美しい外壁は、腐りにくく耐久性にもすぐれていることに加え、周りの自然とも調和しています。

 

 

シェラリゾート白馬様の公式サイトより

 

 

|シェラリゾート白馬|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

敷地内にあるチャペル

 

 

婚礼当日の天気は小雨。先日のブログでもご紹介しましたが、二十四節気では「霜降(そうこう)」、七十二候では「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」のこの季節、秋の深まりを感じる白馬の森での挙式は、雨もまた絵になる最高のシチュエーション。街中での婚礼では味わえない特別な雰囲気を演出してくれていました。

 

 

|シェラリゾート白馬|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

ちなみに、実は、こちらのシェラリゾート白馬様と弊社とは、十数年前からのお付き合いで、通年弊社で改修・リフォーム全般を担当させていただいています。

 

 

2012年には、約10年間の構想期間を経て、築100年以上の古民家2棟分の材料をドッキングし移築再生した温泉棟「白馬みずばしょう温泉」を弊社の設計施工にて新築させていただきました。

 

 

シェラリゾート白馬

弊社設計施工の「白馬みずばしょう温泉」(公式facebookページより)

 

 

|シェラリゾート白馬|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

弊社設計施工の「白馬みずばしょう温泉」(公式サイトより)

 

 

|シェラリゾート白馬|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

弊社設計施工の「白馬みずばしょう温泉」(公式サイトより)

 

 

|シェラリゾート白馬|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

弊社がお付き合いを始めるきっかけにとなった最初のお仕事が、実はこちらの婚礼式場の大規模リフォーム。故富原社長と当時何度も収まりを議論しながら仕上げた全面ガラスのボーウィンドウの前でのケーキカット&ファーストバイトの瞬間をパチリ。お二人、末永くお幸せに。

 

 

|シェラリゾート白馬|上越・糸魚川・妙高の工務店|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

楓蔦黄(もみじつたきばむ)


November 3, 2017

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

November 3, 2017

日本は春夏秋冬と四季折々の変化に富んでいます。昔から日本人はとても繊細な感性を持ち合わせており、この季節の移ろい、情緒を様々な言葉で表現してきました。実は、その日本の季節には、春夏秋冬をさらに細かく分けた24の分類、その先にはさらに繊細な表現の区分けがあるのをご存知でしたか?

 

 

本日は、日本の「二十四節気」「七十二候」についてお話をしたいと思います。

 

 

まず、「二十四節気(にじゅうしせっき)とは、太陰太陽暦で季節を正しく示すために設けた暦上の点です。一太陽年を24等分し,立春から交互に節気・中気を設け,それぞれに名称を与えたものを表します。

 

 

二十四節気|上越市・糸魚川市・妙高市の自然素材の家|キノイエ|

 

 

10月23日~11月6日の間は、二十四節気では「霜降(そうこう)といいます。この時季、北国では早々に地表が0度以下になり、霜が降り始めることに由来しているようです。ただ、私たちの暮らす上越地域は、一部の山間部を除き、霜が降るのはもう少し先の話になります。

 

 

そして、その二十四節気の各節気を、さらに初候・二候・三候に三分したものを「七十二候(しちじゅうにこう) といいます。二十四節気の霜降の末候にあたり、11月2日~11月6日ごろに相当するこの時期を七十二候では「楓蔦黄(もみじつたきばむ)といいます。文字通り「もみじやつたが黄葉する」という情景を表現しています。一般的な季節の表現では「晩秋」ですが、二十四節気、七十二候がもつなんとも美しい季節の表現は、日本人ならではのもの。この国に生まれてよかったと素直に感じます。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

写真は、代表猪又の愛娘三姉妹が、地元の西海地区文化祭で描いた絵手紙。上の写真は長女(小5)、下の写真は次女(小3)の作。まさに七十二候の「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」にふさわしい季節を感じる挿絵が続きます。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

三女(年長)の作品(下)もなかなかの力作。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

しかし、代表猪又のいちばんのお気に入りは、小3の次女が特別に描いた下の作品・・・

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

二十四節気よりも七十二候よりもこの言葉にやられました(笑)

 

 

 

|霜降|二十四節気|楓蔦黄|七十二候|上越・糸魚川・妙高の工務店|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

「大和の家」撮影


November 1, 2017

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

November 1, 2017

本日は、「大和の家」竣工前の1回目の撮影を行いました。外構その他、まだ若干工事が残っていますので、今回は特に内部を中心に主要な部分を撮影しました。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

リビングは吹き抜けのある開放的な空間。さらに、広く取った玄関土間とリビングダイニングスペースの一体感が他にはないキノイエ独特の「間」を形成しています。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

TVボードや靴箱、ベンチソファをはじめ、今回は様々なアイテムをオリジナルで製作しました。自然素材の造作家具を目で楽しむ、手に取る感触を楽しむ、使い勝手の妙味を楽しむ・・・設計担当の粋なデザインが随所に光ります。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

玄関アプローチは雁木を通って・・・毎日の「いってきます」「ただいま」を特別な時間に変える魔法の空間です。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

お施主様のたっての希望で、二階フリースペースにはお気に入りのハンモックを。ここで読書やお昼寝を楽しむ時間は、まさにプライスレスの価値!

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

少しコンパクトなダイニングテーブル。これがまたご夫婦にとっての「ちょうどいい」距離。

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の木の家|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

外構はあともう少し。ソトとナカをつなぐ設計のおもしろさをぜひこの住まいで確認していただけたらと思っています。

 

 

完成見学会は、11月11日(土)~11月30日(木)までの20日間、毎日開催します。詳しくはこちらまで。

 

 

>>>完成見学会「大和の家」の情報はこちら

 

|自然素材の注文住宅工務店|キノイエ|雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|最高の地元ライフ|木の家|大和の家|

キヌカ塗り


October 30, 2017

|キヌカ|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

October 30, 2017

先日は、「大和の家」の床材塗布作業をスタッフで行いました。

 

 

|キヌカ|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

キノイエに使われている無垢の杉フローリングには、オイル系の自然塗料の中でも、100%天然成分で構成される「キヌカ」という塗料を使用しています。主成分は私たちの主食のお米(ぬか)が原料なので、「赤ちゃんが舐めても大丈夫」というのがキャッチフレーズになっています。

 

 

キヌカ

 

 

キヌカは、浸透性の塗料です。表面に塗膜を作らないので木の呼吸を失わず、木の香り、質感と共に調湿作用を維持します。また、溶剤を使用していないので、塗装直後でも室内に臭いが残らないので、換気も不要というのが特徴です。

 

 

|キヌカ|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

木目が際立ち、木になじみやすくしっとりと仕上がる100%天然塗料。無垢材の特徴を失わず裸足で暮らす日本人の生活に最適な素材をキノイエでは厳選して使用しています。本物の安心・安全を追及した結果の選択です。

 

 

|キヌカ|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

ちなみに、床材の表面処理剤は、樹脂系も含め、住宅会社によって実に様々な種類が使用されています。自然素材の家に使用される「自然塗料」も種類と性質は様々。詳しくは、過去のブログ「無垢の床~表面処理の違い」にて解説していますのでそちらをご参照ください。

 

 

|キヌカ|自然素材の家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 
>>>完成見学会「大和の家」の情報はこちら

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店|自然素材の注文住宅|木の家づくり|キノイエ|小さな邸宅|最高の地元ライフ|

12339
前へ 次へ
Copyright c kaneta All Rights Reserved.