Staff Blog Staff Blog

「西本町の家」撮影


April 29, 2018

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 29, 2018

5月26日(土)・27日(日)に上越市内で開催予定の「西本町の家」の第1回目の撮影が先日行われました。

 

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

実はまだ完成まであともう少し。作業をしながらの内部の一部撮影でした。

 

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

南に面した大きな掃き出し窓は、全開放型。デッキと庇がナカとソトの空間の連続性を演出。陽の光もちょうどよい柔らかさ。イメージした通りの空間に仕上がっています。

 

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

今回の撮影に友情出演してくれたのは、お施主様愛用の自転車。広い玄関土間には大谷石をふんだんに使用。実はご夫婦で自転車を趣味にしています。時に、今回の撮影には旦那様の愛車が登場していますが、いずれ奥様の愛車も並べてスナップに収めたいと思います。

 

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

この空間の心地よさを早く皆様にも体感していただきたいという気持ちでいっぱいです。見学会の詳細は、確定次第皆様にお知らせしますので、どうぞお楽しみに。

 

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

再測定結果


April 27, 2018

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 27, 2018

以前のブログ「これだけ違う強風下のC値」でご紹介した建物の隙間相当面積(C値)の再測定が先日の21日に行われました。遅くなりましたが、その後の結果ということでお伝えいたします。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

この日は風もなく、非常に安定した環境の中での測定になりました。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

早速ですが、3回測定したデータをどうぞ。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

1回目:測定成功

 

 

測定された総相当隙間相当面積:αA=41㎠

 

 

C値= 総相当隙間面積(αA)41㎠ ÷ 延床面積 88㎡ = 0.46㎠/㎡

 

 

弊社の基準値C値=0.5㎠/㎡をクリア。下の段の「隙間特性値(n)」※1の値も n=1.46と安定。風による外部環境の影響が少なかったことが反映された数値になっています。

 

 

続きまして、2回目の測定。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

2回目:測定成功

 

 

測定された総相当隙間相当面積:αA=35㎠

 

 

C値= 総相当隙間面積(αA)35㎠ ÷ 延床面積 88㎡ = 0.40㎠/㎡

 

 

こちらも弊社基準値C値=0.5㎠/㎡をクリア。下の段の「隙間特性値(n)」※1の値も n=1.33と安定しています。

 

 

そして、3回目の測定。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

3回目:こちらも測定成功

 

 

測定された総相当隙間相当面積:αA=40㎠

 

 

C値= 総相当隙間面積(αA)40㎠ ÷ 延床面積 88㎡ = 0.45㎠/㎡

 

 

こちらも弊社基準値C値=0.5㎠/㎡をクリア。下の段の「隙間特性値(n)」※1の値も n=1.38。こちらも安定しています。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

通常、C値の測定では、この3回の数値の中央値を採用することになります。すると、最終的なC値の測定結果は以下のようになります。

 

 

測定された総相当隙間相当面積3回の測定平均:αA=40㎠

 

 

C値= 総相当隙間面積(αA)40㎠ ÷ 延床面積 88㎡ = 0.45㎠/㎡

 

 

無事に、弊社の厳しい隙間相当面積(C値)基準 C値=0.5㎠/㎡ をクリアすることができました。ちなみに、もう少し分かりやすい例えでこちらの住まいの隙間のサイズを表現すると、ちょうど名刺サイズよりも一回り小さい大きさしかないという結果になります。本当に隙間が小さいということがご理解できるかと思います。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

これで安心して次工程へ進むことができます。このように、1棟1棟丁寧にC値を測定していくことで得られる技術的な経験値は、他社にはない大きなアドバンテージになります。

 

 

※1:「隙間特性値(n)」とは、隙間の状態を表し、通気特性式を対数で表した場合の直線の傾きを表し、一般にnの値は1~2の範囲をとり、それぞれの隙間が極めて狭い場合は1に近づき、広い場合は2に近づくというものです。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、要するに、1~2の範囲内でなければ測定エラーになり、複数回の試験で数値が上下に大きくブレるということは、何らかの外部要因による異常値であると言えます。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

神様と近かった昔の暮らし


April 24, 2018

美山稲荷神社春季例大祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 24, 2018

1週間ほど前のことになりますが、糸魚川市内で弊社が特別奉賛企業として長年関わらせせていただいている美山稲荷神社並びに水前神社の春季例大祭があり、参拝にお邪魔させていただきました。

 

 

水前神社春季例大祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

以前のブログでもご紹介しましたが、国土交通省が公表している一級河川の水質現況において、1999年以降4回にわたって水質ランキング日本一に輝いている糸魚川市の清流「姫川」を見下す山腹にあるのが水前神社です。昔から水害が多く発生していた地域の守り神として、彌都波能賣神(はつはのめのかみ)他三神(水や川の神)が祀られていると言われています。

 

 

水前神社春季例大祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

そして、その水前神社の境内には、美山稲荷神社もあり、この日に両方の神社を氏子並びに奉賛企業の参列者で参拝します。

 

 

美山稲荷神社春季例大祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

何年も通わせていただいているのですが、実はまだこの神社にまつわる歴史や昔この地域の人たちの暮らしについてはあまり詳しく聞いたことがありませんでした。そんな中、この日は地区の宮委員の方から「この美山稲荷神社の脇にある雑木林は、以前、相撲の土俵と桟敷席があったんだよ」というお話をお聞きすることができました。

 

 

美山稲荷神社春季例大祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

相撲の歴史を紐解いてみると、もともと相撲は日本固有の宗教である神道に基づいた神事であり、今でも日本国内各地で「祭り」として奉納相撲が行われています。糸魚川市では、この水前神社がその機能を果たしていたのでしょう。実は弊社カネタ建設の創業者猪又匤(ただし)の兄もまた、地元では有名な力士でした。確かな記録は残っていませんが、おそらくその当時は、この神社の境内で相撲をとっていたと思われます。(なお、土俵は長い歴史の中で様々な場所へ渡り歩き、現在は、糸魚川市総合体育館の敷地内に根をおろしています。)また、神社は、当時地域の人々にとって集会場でもあり、様々な祭りや芸能の発表の場の機能を果たしていました。地域の暮らしに密接な存在であった神社には、その地域の暮らしを紐解くまだまだたくさんの手掛かりが残っているはずです。

 

 

005

水前神社・美山稲荷神社境内の入口はgoogleストリートビューで見ることができます。

 

 

ちなみに、この一帯には当時、美山の山頂付近からこの神社の境内を抜け、かなり長い距離に渡る「ボブスレー」のコースがあったのだとか。話だけでは実際の距離が想像つきませんが、おそらく何百メートル(もしかすると1キロメートル以上)に及ぶロングコースだったようです。PC・スマホゲーム全盛の現代に比べ、大自然をそのまま遊具に活かす昔の子どもたちの遊び方の方がとてもダイナミックで贅沢です。そして、昔の神様たちは神社の境内で夢中になって遊び回るたくさんの子どもたち声を毎日のように聞いていたのでしょう。暮らしの中における神様の存在が少しだけ遠くなってしまった現代、少子化の加速も重なり、神社の境内には長く静寂の時間が流れています。少し寂しい気がしますね。

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

期待の新人現る


April 22, 2018

|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 22, 2018

期待の新人現る?!

 

 

糸魚川市出身で富山県の大学の建築学部を卒業後、この春に弊社の建築部に新入社員として仲間入りした岩﨑さん。なんと彼女の卒業制作発表が、JIA 全国学生卒業設計コンクールの大学代表に選ばれ、北陸地区代表選考会へ出場することになったという報告を受け、これはめでたい!ということで、早速社内にて緊急練習発表会を開催することになりました。

 

 

 

|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

岩﨑さんの発表練習には、建築部はもちろんのこと、なぜか噂を聞きつけた営業、総務スタッフもぞくぞくと会議室に大集合。気が付けば、10名以上の怖~い(⁉)先輩スタッフに囲まれてのプレゼンに(笑)

 

 

|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

さすがの岩﨑さんも、これには相当委縮してしまうのでは?という心配の中、本人のプレゼンが始まりましたが、そんな心配はどこ吹く風!全く堂々としたプレゼンで、さすがの先輩スタッフたちも異口同音に感心。しかも、驚くべきはその内容。糸魚川大火からの復興をテーマにした設計コンセプト、斬新かつ合理的なデザイン、わかりやすいプレゼンビジュアル、美しい仕上がりのCGムービー、どれをとってもその完成度の高さにスタッフ一同感動。糸魚川市の関係者の皆様にも見てもらいたいと思えるほどのメッセージ性とクオリティだと素直に感じました。

 

 

|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

ちなみに、発表後に「もう一度やって!」というアンコールも(笑)その後は、先輩スタッフたちから様々な温かいアドバイスが岩﨑さんに向けられていました。

 

 

代表選考会は、来月福井の地にて開催予定。ここまで来たらぜひ地区選考を突破し、全国への舞台に進んでもらいたいと勝手にみんなの期待も膨らみますが、あまりプレッシャーに感じることなく、岩﨑さんらしさを大切に、いきいきとした発表で臨んでもらいたいと思います。

 

 

期待の新人岩崎さんの今後の活躍をスタッフみんなが応援しています。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家|自然素材をつくる工務店|自然素材の新築・リフォーム|注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

「西本町の家」完成見学会予告


April 19, 2018

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 19, 2018

現在上越市内で建設中の「西本町の家(仮)」の完成見学会の開催日程が決定しました。

 

 

開催予定日は、5月26日(土)・27日(日)の2日間。時間は各日共に10:00~16:00を予定しています。

 

 

現在、内部の造作工事が進行中。PM2.5を98%カットしたクリーンな外気を熱交換しながら室内に取り入れる第1種熱交換換気システムを標準採用しているキノイエは、夏冬エアコン1台で快適な全館空調を実現できるよう設計されています。

 

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|西本町の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

詳細につきましては、後日こちらのサイトのイベントページにてご案内させていただきたいと思いますので、今しばらくお待ちください。

 

 

 

|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家|自然素材をつくる工務店|自然素材の新築・リフォーム|注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

これだけ違う強風下のC値


April 17, 2018

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 17, 2018

先日、糸魚川市内におきまして、ご予約された方を対象に、前回同様、構造説明とC値(隙間相当面積)を測る気密測定試験が行われました。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

当日は朝から一日強風続きのコンディション。実はこの気密測定における最大の天敵はこの「風」。弊社が行う気密測定は、一般的に「減圧法」と呼ばれる測定方法で、室内に設置された排気ファンで内部の空気を外に排出し、室内の気圧を低下させる過程で発生する抵抗値をセンサーで読み取ることで、建物に存在する隙間の量を計測するという方法で行われます。したがって、建物の外が強風の影響を受けると、排気が正確に行われず、数値が大きく変動してしまうという現象が起こります。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

この日は、その恐れていた状況が起こってしまいました。

 

 

ですが、これもまた施工現場においてはよく起こり得る事態。今回は、あえてそのリアルな測定結果を皆様にお伝えしたいと思います。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

1回目の測定・・・エラー

 

 

2回目の測定・・・エラー

 

 

強風の影響が大きく出てしまいました。

 

 

3回目の測定・・・測定成功(データシートはN0.0001となります)

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

測定された総相当隙間相当面積:αA=69㎠

 

 

C値= 総相当隙間面積(αA)69㎠ ÷ 延床面積 88㎡ = 0.78㎠/㎡

 

 

弊社の基準としているC値=0.5㎠/㎡以下に届かず・・・しかし、その下の数値「隙間特性値(n)」※1の値にご注目。n=1.84という数値は測定限界上限値であるn=2に限りなく近い数値となっており、私たちが過去に施工した建物のデータの中では異常に高い値。強風による影響を受けたことを匂わせる値となっています。ですので、ここで算出された単独C値=0.78㎠/㎡は、データとしては少し疑ってみてもよい値と判断。(ちなみに、C値=0.78㎠/㎡という数値自体は、住宅業界が慣例的に「高気密」とうたってよい(であろう)C値=2.0㎠/㎡以下と比較しても申し分のない値ですが、弊社の基準が地域トップクラスの厳しい値であるため、あえてこういう書き方をしています。)

 

 

※1:「隙間特性値(n)」とは、隙間の状態を表し、通気特性式を対数で表した場合の直線の傾きを表し、一般にnの値は1~2の範囲をとり、それぞれの隙間が極めて狭い場合は1に近づき、広い場合は2に近づくというものです。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、要するに、1~2の範囲内でなければ測定エラーになり、複数回の試験で数値が上下に大きくブレるということは、何らかの外部要因による異常値であると言えます。

 

 

気を取り直して、再度計測。

 

 

4回目の測定・・・測定成功(データシートNo.0002)

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

測定された総相当隙間面積:αA=26㎠

 

 

C値= 総相当隙間面積(αA)26㎠ ÷ 延床面積 88㎡ = 0.30㎠/㎡

 

 

C値=0.5㎠/㎡以下のよい値がでました。それにしても3回目の測定値と大きな開きがあります。そこで、「隙間特性値(n)」の値に目をやると、今度はn=1.01という測定下限値ぎりぎりの低い値が表示されています。3回目と4回目のn値がこれほど大きくブレるということ自体、外部の強風による影響を受けたことを示しており、信憑性としては低い数値と見た方がよいでしょう。

 

 

そして、5回目の測定・・・測定成功(データシートNo.0003)

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

測定された総相当隙間面積:αA=41㎠

 

 

C値= 総相当隙間面積(αA)41㎠ ÷ 延床面積 88㎡ = 0.47㎠/㎡

 

 

C値=0.5㎠/㎡以下の値がでました。そしてここでも「隙間特性値(n)」の値に注目。3回目、4回目のやや中間より下の n=1.28という値。やはり変動しています。この時点で確定的なことは言えませんが、この全3回の測定結果をならして想定すると、おそらく、実際のC値は0.3~0.5㎠/㎡の間に収まっているのではないかと考えられます。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

今回は、完全に正確なC値を特定するところまではいきませんでしたが、弊社の基準値であるC値=0.5㎠/㎡に対し、おおよそ合格ラインであることまでは掴めました。ですが、私たちはここで終わりにすることはありません。C値=0.5㎠/㎡以下の値が出なければ次工程に進まないという覚悟で、まずは、再度風のない日に仕切り直しで今回と同じ中間測定を行い、その測定結果をもとに、気密施工においてまだまだ不足の箇所がないかの徹底検査と、気密処理の補正作業を行い数値の改善を図ります。そして、完成後に再度気密試験を行い最終的なC値測定を行う予定となっています。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

いかがでしょう?このように、C値の測定一つをとってみても、幾度に渡る試験を重ねて、はじめてその建物の性能値を語ることができます。同じ設計であっても一棟一棟施工状況が違えば数値にも大きな違いが出てきます。また、こうして一棟一棟丁寧に気密測定を重ねることで、施工の良し悪しをその場で判定することができ、細かい原因究明と対策が行われ、施工方法の改善など経験値の向上にもつながります。

 

 

|C値|気密測定|高気密高断熱の家|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

地味な努力の一歩一歩の積み重ねこそが、本物のクオリティを追求できるという信念に基づいて、私たちは日々取り組んでいます。

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

しだれ桜を眺める暮らし


April 14, 2018

|しだれ桜を眺める暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 14, 2018

先日、上越市内でOBのお客様のお宅に伺った際のこと。ふと玄関の窓に目をやると、そこには鮮やかな色をしたしだれ桜が咲き誇っていました。

 

 

|しだれ桜を眺める暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

あまりに美しかったので、スタッフが思わずパシャリ。こちらの住まいは、キノイエとは異なる弊社の自由設計プランの家ですが、キノイエの箱窓をイメージしたピクチャーウィンドウを玄関ホールに配置した設計。窓の位置や大きさは奥様のご要望でしたが、その奥様も「おうちの中でこんなに桜がきれいに見えるとは思っていなかった!」と、とても感激されていました。それを聞いた私たちも思わずニンマリ。

 

 

|しだれ桜を眺める暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

また、住まいの中身もとても魅力的。お施主様ご家族の丁寧な暮らし方が随所に見られ、背面収納も素敵にコーディネートされて私たちも感動しました。

 

 

|しだれ桜を眺める暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|しだれ桜を眺める暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

しだれ桜を取り込んだピクチャーウィンドウも素敵でしたが、階段の踊り場に飾られたお子さまの作品たちもまた素敵。甲乙つけがたいですね。

 

 

|しだれ桜を眺める暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

入居後のお施主様の住まいを訪問するたびに感動があります。それぞれの家族の佇まい、暮らし方に触れる瞬間が何よりもうれしい時間です。

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

重要無形文化財


April 12, 2018

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 12, 2018

4月10日は、糸魚川市の代表的な春祭りの一つ「天津神社春大祭(通称:けんか祭り)」の日です。そしてなんとこの日、弊社は創立記念日として、毎年一部の業務を除きお休みとさせていただいています。そして、天津神社は弊社の本社事務所から歩いて数分という至近距離。ということで、今年も行ってまいりました。

 

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

300年以上の歴史があり、「動」と「静」の対比が大きな見どころとなっている天津神社春大祭(けんか祭り)は、毎年4月10日に開催され、寺町区と押上区の2つの神輿に分かれ、100人以上の若い衆が対抗する形でぶつかり合い、力と力の競り合いによって勝敗を争うもので、寺町が勝てば豊作、押上が勝てば豊漁と言われています。弊社にも、毎年神輿の担ぎ手、あるいは伴走者として参加しているスタッフがいます。

 

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

午前中は、まず稚児(ちご)の御練りから始まります、鮮やかな装束に身を包んだ稚児が大人に担がれて境内を1周半ほどします。それが終わると、一気に「動」のモードへ。威勢のいい掛け声が響く中、2つの神輿が境内を勢いよく疾走します。ほどなくして神輿のぶつかり合いが境内の随所で10回前後行われます。

 

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

神輿のぶつかり合いが終わると、祭りはまた「静」のモード、舞楽(稚児の舞)へと移ります。ちなみに、新潟県内ではいくつかの舞楽が国の重要無形民俗文化財に指定されていますが、そのうち3つはなんと糸魚川市内のお祭りとなっており、この天津神社春大祭(けんか祭り)の舞楽がその一つに指定されています。大国主命(おおくにぬしのみこと)に愛された、古事記に記される日本の最古の姫「奴奈川姫(ぬながわひめ)」生誕の地、そしてヒスイ文化発祥の地でもある糸魚川。あらためて、この地は深い歴史と伝統が根付いた神秘的な土地なのだということを実感します。

 

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

舞楽には12の演目があり、最後の演目「陵王(りょうおう)」が終了するまでに約5~6時間。日の暮れる頃に祭りはお開きとなります。ちなみに、この舞楽は 4月10日と11日の2日間行われ、2日目は古くから伝わる別の衣装を身につけて舞うため、それぞれに楽しめます。(残念ながら、今年は11日の天候が悪く、2日目の舞楽は中止となりました)

 

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

ここのところ、雨模様が多かったのですが、10日だけは奇跡的に快晴!桜の開花時期が例年よりも1週間早かったことを除けば、ここ近年の中でもベストコンディションの中でのお祭り鑑賞となりました。

 

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

おかげで、お酒もたっぷりいただきました(笑)来年もお天気になりますように。

 

 

|けんか祭り|天津神社|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

”魅せる”だけじゃない”裏地”


April 10, 2018

|西本町の家|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 10, 2018

上越市内で建築中の「西本町の家(仮)」の途中経過です。

 

 

|西本町の家|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

南面の1階軒下の部分は、キノイエのアイデンティティでもある「すのこ天井」を設置。地元の杉材をソトとナカにふんだんに使用し、ぬくもりと経年変化を楽しむ本物感が住むほどに愛着が深まるデザインを実現しています。

 

 

|西本町の家|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

そして、もちろん、内部の2階天井も同様に「すのこ天井」にします。

 

 

|上棟|上越・糸魚川・妙高の家づくり|自然素材の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

まずは、屋根の外側からは最高レベルの断熱性能をもつフェノールフォーム断熱パネルが設置され、屋根から吸収される日射熱を高い次元でブロック。

 

 

|西本町の家|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

次に、内側からは付加断熱として木質系繊維断熱材(ウッドファイバー)を敷き詰めることで、驚くほどの蓄熱効果と防音効果を発揮します。

 

 

|西本町の家|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

下地処理が済んだら、その下にすのこ天井を設置します。

 

 

|西本町の家|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

すのこ天井にすることのメリットは、杉材の四面全てが天然木の吸放湿性能を発揮することで、一年中快適な室内環境を保つことができることです。夏は太陽から降り注ぐ灼熱をブロックし、雨季の激しい雨や冬季のあられなどの屋根を叩く音を吸収し、室内の湿度を一定に保つ・・・2階を寝室にする方にとって最高の居心地とは何か?を考えたギミックが満載のすのこ天井は、単に“魅せる”だけではない、理にかなった機能をもつ贅沢な“裏地”なのです。

 

 

大和の家|完成見学会|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

桜吹雪の地鎮祭


April 8, 2018

|地鎮祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

April 8, 2018

先日は上越市内で地鎮祭が行われました。

 

 

|地鎮祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

この日は急に冷え込み、冬に逆戻りしたような天候に。風も強かったため、急遽テントには横幕を設置しての地鎮祭となりました。

 

 

|地鎮祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

寒さと強風の中でしたが、ちょうど桜の花の散り始めということもあり、桜吹雪が何とも言えない情緒を感じさせる神事となりました。敷地内に散りばめられた桜の花びらが貼り絵の模様のように美しく幻想的。お施主様にとっても、この日の光景はこの先もずっと目に焼き付いていくことでしょう。

 

 

|地鎮祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

地鎮祭終了後は、主要施工協力業者の皆様も集まり、スタートミーティングを開催しました。

 

 

|地鎮祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

寒い中がんばったお子さまのTくん。この日は見知らぬたくさんの大人たちに囲まれて、少し恥ずかしそうにしていましたが、本当にいい子にできましたね。

 

 

|地鎮祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

三寒四温といえば、普通2月~3月にかけて当てはまるのですが、今年は少し変則的。高田の観桜会は例年よりも1週間早い見頃を終え、すでに葉桜に変わりつつありました。

 

 

|地鎮祭|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

12
前へ 次へ
Copyright c kaneta All Rights Reserved.