Staff Blog Staff Blog

男神様と女神様


June 30, 2017

June 30, 2017

先日、とある研修旅行で伊勢神宮を参拝してきました。

 

 

 

 

伊勢神宮と言えば、皆様もご存知の「式年遷宮(しきねんせんぐう)」は、1300年にわたり繰り返されてきた儀式です。20年に一度造り替えられる常に瑞々しいご社殿で、永遠に変わらないお祭りが行われることに大きな意義があります。直近では、平成25年に行われた62回神宮式年遷宮が記憶に新しいところです。

 

 

 

 

ところで、「神社」には、神様によって建築様式に違いがあり、実は、日本国の神様は、天孫降臨からの「天津神様」、そして元々日本国に遷座されていた「国津神様」という二つの派があるということをご存知でしたでしょうか。それが、神社の形を見分けることで、どちらの派の神様をお祀りしているかが大体わかります。

 

 

まず、「天津神様」の社と「国津神様」の社の大きな違いは屋根勾配の向きです。「天津神様」を祀る社は、拝殿の屋根勾配が正面、つまり参拝者側に向けて流れている「平入り」と呼ばれる形式で、「国津神様」を奉る社は、左右に屋根勾配が流れる「妻入り」という形式になっています。

 

 

|上越市・妙高市・糸魚川市の工務店|注文住宅|木の家づくりハウスメーカー|キノイエ|

糸魚川市一の宮にある「天津神社」は、屋根勾配が正面と背面に流れる「平入り」様式

 

 

伊勢神宮(内宮)から伊勢街道を800m程のところにある国津神社である「猿田彦大神」は、屋根勾配が左右に流れる「妻入り」様式

 

 

そして、それぞれに女性神と男性神があります。それもまた屋根の上に注目です。こちらをご覧ください。

 

 

 

 

多くの神社は、屋上に千木 (ちぎ) 、鰹木 (かつおぎ) を載せてありますが、「男神」は千木が外削ぎ(先端を垂直に切り落としてある)で、鰹木が奇数本。「女神」は千木が内削ぎ(先端を水平に切り落としてある)で鰹木が偶数本になっています。

 

 

 

 

例えば、出雲大社ならば男神である大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀っているので、本殿の千木は外削ぎで、鰹木は3本(奇数)です。

 

 

 

 

 

それに対し、伊勢神宮では、なぜか少し様子が違います。内宮の「天照大神」、外宮の「豊受大神」共にどちらも女神様であるはずなのに、外宮は男神の様式になっています。具体的には、内宮は摂社、末社、別宮、所管社まですべて千木は内削ぎで、鰹木は偶数であるのに対し、どういうわけか、外宮は摂社、末社、別宮、所管社まですべて千木は外削ぎ、鰹木は奇数という男神の様式になっており、神宮内の125社すべてが男、女神関係なく統一されています。これには外宮が男性的性格だからではないか、という他、「天照大神の岩戸隠れ」をはじめとする神話の歴史に関係した様々な説があるようです。

 

 

伊勢神宮の内宮にある外幣殿

 

 

伊勢神宮の外宮にある風宮

 

 

このあたりは、非常に奥が深く、このブログではなかなか紹介しきれませんが、ご興味がある方はぜひ日本の神々にまつわる歴史を紐解いてみてはいかがでしょう。ちなみに、伊勢市の観光協会や商工会議所では、こうした伊勢神宮にまつわる様々な解説を行える専門ガイドの紹介も行っているようですので、伊勢神宮に参拝される際はご利用されてはいかがでしょう。

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|新築・リフォーム|自然素材の木の家|高性能エコハウス|小さな邸宅|キノイエ|

雪の香テラス


June 29, 2017

雪の香テラス|正香園|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

June 29, 2017

先日のキノイエ生誕1周年記念イベントでも登場した上越地域で唯一のお茶の製造元「正香園」様が、新しく立ち上げたスウィーツブランド「雪の香テラス」。以前にもご紹介しましたが、北陸新幹線上越妙高駅西口の商業施設「フルサット(FURUSATTO)」で7月22日にグランドオープンの予定です。

 

雪の香テラス|正香園|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

現在、弊社は、その店舗新設のお手伝いをさせていただいています。店舗の本体は、フルサットにある既存店舗と同様、コンテナを利用。そこに、弊社オリジナルの設計による内外装を施したお店が出来上がる予定です。今月初頭には、韓国からコンテナが船便で到着。早速、内外装工事に取り掛かっています。

 

 

雪の香テラス|正香園|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

現在、既にテラス席も設置され、いよいよ工事は佳境に向かっています。

 

 

雪の香テラス|正香園|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

完成イメージはこのような感じになります。

 

雪の香テラス|正香園|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

「雪の香テラス」様は、北陸新幹線上越妙高駅西口の商業施設「フルサット(FURUSATTO)」で7月22日にグランドオープンの予定です。どうぞお楽しみに。

 

 

雪の香テラス様のフェイスブックページ

 

 

ちなみに、上越支店では、キノイエ1周年イベント以降、リラックスタイムの飲み物が、コーヒーからお茶へと変わりました。イベントの際も、「おいしいお茶の淹れ方」というテーマで、正香園の松木代表からレクチャーいただきましたが、たしかに、ちょっとした淹れ方の違いで、毎回味が違います。上手に入れられた時、そうでもない時が分かります。とても奥が深い・・・

 

 

杉ノ上支店長のデスク

 

 

|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|キノイエ|

まずは私たちから健康に


June 27, 2017

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

June 27, 2017

カネタ建設には、介護事業部が運営している運動・認知機能訓練型デイサービス「らっくねす」という施設があります。『これからも、今までのように』をキャッチコピーに、住み慣れた自宅でいつまでも自分らしい生活を送るための力を維持、復活させるお手伝いをするのがこの施設のお仕事。デイサービスという福祉施設の形態でありながら、運動を通して要介護・要支援からの卒業を目指するというコンセプトが、健康志向の高い大勢の方々に支持され、現在、糸魚川市内で利用者が拡大しています。

 

 

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

 

 

そのらっくねすでは、この度、社員を対象に無料開放日を設けました。

 

 

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

 

 

毎月第3水曜日の夕方、カネタ建設の社員を対象に、らっくねすのインストラクターによる直接指導で、自分の体の状態に合わせた様々なエクササイズ、トレーニングを体験することができます。

 

 

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

 

 

メニューの中でも特に人気が高いのは、ノルウェーで医療器として開発され、医療機関、福祉で幅広く使用されている「レッドコード」を使用したエクササイズ。 赤いロープ(スリング)で身体に不安定な状態を作り出し、バランスを保った状態でエクササイズを行う事により、神経筋機能を改善し、運動技能を向上させる治療機器です。体幹を安定させるために使用する筋肉=インナーマッスルのエクササイズに優れています。ちなみに、この器具を用いた専門的なエクササイズは、上越地域ではこの「らっくねす」でしかできません。

 

 

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

 

 

また、筋肉や脂肪、骨など体を構成する組織「体組成」を推定して表示する最先端の「体重体組成計」も完備しています。肥満の予防・改善をはじめ健康管理を行うには、体重だけではなく、体脂肪率の測定、さらにその脂肪の内容(皮下脂肪か内臓脂肪か)や筋肉率の測定など、「体組成」をチェックして体のバランスを知ることが非常に重要で、この施設では、ご利用者の皆様が毎回ここで自分自身の体組成を知ることで、自分の体の状態を確認することができます。

 

 

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

 

 

私たちが、住宅づくりだけでなく、こうした介護や健康増進事業を行っているのも、全ては「暮らし」を第一に考えているからです。「住み慣れた自分の住まいで、家族と共にいつまでも健康に暮らす」ことこそが、幸せな人生につながるのではないでしょうか。住まいをつくることは、その一部であり、スタート地点であるとすれば、この「らっくねす」での取り組みは、それを持続させ、長い人生に活力を与えるエンジンのようなものではないかと思います。だからこそ、そういうサービスを提供する私たち社員が、まずは健康な暮らしの具現者でなければいけません。

 

 

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

 

 

らっくねす|運動・認知機能訓練|デイサービス|糸魚川市|カネタ建設|

 

 

|健康と長寿を考える暮らし|いつまでも住み慣れた家で健康に|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|キノイエ|

社長のMUSIC BOXから(vol.7)


June 26, 2017

June 26, 2017

前回に続いて、今回も、非常にスタンダードでかつ王道のジャズ・ミュージシャンをご紹介いたします。ジャズ愛好家の皆様にとっては、教科書の1ページに出てくるようなアーティスト第2弾。

 

 

今回ご紹介するのは、John Coltrane(ジョン・コルトレーン)です。1926年アメリカ ノースカロライナ州生まれのモダンジャズのサックスプレーヤー。ジャズファンの間では、「晩成型の巨人」と呼ばれたアーティストです。

 

 

 

 

13歳でクラリネットを始め、後にアルトサックス、テナーサックスと転向しながらいくつかのバンドを渡り歩いた彼の無名時代は長く、メジャーな舞台で活躍した期間は10年余りでしたが、その間にジャズ界の歴史に残る作品を残していきました。

 

 

まずは、こちらをお聴きください。代表猪又のお気に入りのアルバムです。

 

 

 

 

これは、彼の作品の中でも異色でありながら多くの人に親しまれている入門的なアルバム「Ballads(バラード)」。こちらも、気の利いたオーセンティックバーであれば定番BGMとして流れている名盤です。キノイエのモデルハウスでもこちらをよく流します。

 

 

 

 

彼がブレイクしたきっかけは、演奏方法の劇的な変化でした。初期のコルトレーンの演奏は、正直なところ非常にリズムが悪く、それが最大の弱点でした。しかし、彼はそれを逆手に取り、連符を詰め込む演奏方法を編み出し、数小節、時には数十小節単位の、大きな塊のリズム・グルーヴを生み出すことに成功。この切れ目なく続くサックスの音は「シーツ・オブ・サウンド」と呼ばれるようになりました。これにより、徐々にコルトレーンの名がジャズシーンに知られるようになります。そして、彼の名声が不動のものになったきっかけの一つは、当時既にジャズ界の大スターであり、後に「ジャズの帝王」と呼ばれたMiles Davis(マイルス・デイビス)のバンドに2度目の加入をした際、彼の絶大な評価を受けたことからです。

 

 

以下は、彼が1965年に発表したスタジオアルバム「A Love Supreme(至上の愛)」です。彼の演奏の醍醐味が凝縮されたアルバムの一つです。

 

 

 

 

いかがでしたか。ジャズはとっつきにくいとお考えの皆様でも、少し興味を持たれたのではないでしょうか。よい音楽との出会い、そして、よい住まいづくりで最高の地元ライフを。

 

 

|キノイエ|新潟県上越市・妙高市・糸魚川市の注文住宅|木の家づくり工務店|

 

 

<過去の記事>

 

社長のMUSIC BOXから(vol.1)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.2)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.3)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.4)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.5)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.6)

 

 

|音楽と住まいで最高の地元ライフ|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|キノイエ|

省力化してはいけない部分


June 24, 2017

工務店がつくる木の家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|自然素材のハウスメーカー|小さくつくって大きく暮らす|キノイエ|

June 24, 2017

キノイエの設計段階のラフスケッチをご紹介します。こちらは、現代町家の提唱者でもあり、キノイエのアドバイザーとして外部協力いただいている建築家の趙海光(ちょう うみひこ)先生より描き下ろしていただいているものです。

 

 

工務店がつくる木の家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅|自然素材のハウスメーカー|小さくつくって大きく暮らす|キノイエ|

 

 

キノイエの設計における心臓部は、ベース(本体部分)とそこにドッキングさせるゲヤ部分との位置関係。まず、ベースとなる本体部分は6m×6m、あるい6m×8mの総二階の構造を基本に据え、主たる生活空間として何が重要かを動線を含めて徹底的に考えます。そこに必要となる付加すべき居住空間の機能を考えてゲヤ部分を決定します。ただ並べるだけではなく、ずらす、離すなど、この位置関係を工夫することによって、離れ部屋が生まれたり、リビングが拡大したりとあらゆる可能性が広がります。

 

 

ちなみに、このラフスケッチ案では、ベースをナナメに振っています。そうやって振ることで、ベースの周りに庭が生まれ、ソトを上手にナカに取り込むことはできないか、ベストな視界が生まれるのではないか・・・と考えたりするわけです。なお、ベースをナナメに振ってはいますが、基本構造がシンプルにできていますので、建築コストが驚くほど跳ね上がったりはしません。

 

 

ベースとゲヤ|上越市・妙高市・糸魚川市の工務店|注文住宅|木の家づくりハウスメーカー|キノイエ|

 

|上越市・妙高市・糸魚川市の工務店|注文住宅|木の家づくりハウスメーカー|キノイエ|

 

 

本体の構成はシンプルながら、内部の位置関係は、そのご家族のライフスタイルを念頭に、このように徹底して考え抜いていきます。自由設計は高く、プランをパターン化してある量産型の規格住宅は安いと単純に考えてしまいがちですが、重要なのは、構造的なコストダウンを図りながらも、ソトを生かしたナカの空間の広がり、あるいは実際の生活動線の最適解を導き出すために徹底して英知を絞り出すことではないかと思います。ハードは省力化しても、暮らし方の検討は省力化してはいけません。そういう意味で、住宅設計のプロとしての力量が試される部分は大きいと考えます。

 

 

|現代町家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の家|木のデザイン住宅|高性能エコハウスの新築・リフォーム|小さな邸宅|キノイエ|

社長のMUSIC BOXから(vol.6)


June 23, 2017

ジャズの似合う家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

June 23, 2017

代表猪又の趣味でセレクトされているモデルハウスのBGMからのアーティストピックアップ、今回で6回目を迎えました。ブログの中でも書き手がワクワクする、個人的趣味を披露するラフな記事。したがって、かなりのハイペースでシリーズ化が進んでいます(笑)

 

 

さて、これまで過去5回に渡って紹介してきたアーティストは、全て歌手を主体としたものばかりでしたが、ここで箸休め。今回と次回の2回については、非常にスタンダードでかつ王道のジャズ・ミュージシャンをご紹介したいと思います。ジャズ愛好家の皆様にとっては、教科書の1ページに出てくるようなアーティストです。ジャズ・ミュージシャンをよく知らない方にとっては、ある意味、BGMでこれをかけておけば恥をかかないといった2人です。

 

 

今回ご紹介するのは、ジャズ・ピアノの巨匠Bill Evans(ビル・エヴァンス)。1929年アメリカニュージャージー州のプレインフィールド生まれ。モダン・ジャズを代表するピアニストと言えば、誰もが彼の名前をまず思い浮かべるほどメジャーな存在ですが、実は、私生活では麻薬の常習者という側面をもち、生涯にわたってその呪縛の中で異才を放ち続けたアーティストです。

 

 

 

 

エヴァンスの名前が世に広まったのは、彼が若き頃、モダン・ジャズの帝王と呼ばれたジャズ・トランぺッター、マイルス・デイビスに才能を認められ、常任ピアニストとして雇われたことから始まります。しかし、既に麻薬の常習者であったエヴァンスは、白人としての逆差別も重なり、半年でマイルス楽団を解雇されます。それでも、マイルスは、エヴァンスのピアノが忘れられず、再びエヴァンスを召集し、1日限りの共演が録音されますが、それこそが1959年3月22日、ジャズ史に残る金字塔として録音された「Kind of Blue(カインド・オブ・ブルー)」というアルバムです。エヴァンスのピアノの最大の特徴は、コード進行にとらわれず、モダンな音色や響きを重視したアドリブを駆使した演奏にあります。それは今でこそジャズシーンでは当たり前のようになっていますが、当時それまでのジャズが経験したことのない音楽空間を生み出したことで、音楽業界に大きな衝撃を与えました。

 

 

 

 

下にあるリンクは「Kind of Blue」のアルバムより。50分以上ありますので、抜粋して聴いてみてください。

 

 

 

 

そして、なんといっても彼の代表作といえば、‟Waltz For Debby(ワルツ・フォー・デビー)”。

 

 

 

 

この曲は、姪っ子のデビーに捧げられた曲で、当時まだ2歳であったかわいらしい姪っ子の様子を、愛情たっぷりに表現した珠玉の作品です。最大の魅力は、トリオ演奏としては唯一無二の息の合った素晴らしい音楽空間。ベースのスコット・ラファロ、ドラムのポール・モチアンとのコンビネーションにぜひ注目いただきたいと思います。

 

 

 

 

気の利いたオーセンティックバーでは、時折この曲が流れています。名曲は場所と酒を選ばない・・・ぜひ、行きつけのお店でBGMに耳を澄ましてみては?

 

 

ジャズの似合う家|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

代表猪又はシングルモルトウィスキーが大好き。写真はスコッチの中でも人気の「Laphroaig(ラフロイグ)」の新作「Impressive Cask」。独特のスモーキーさがウリのラフロイグの中でも、非常にパンチの利いた香りが楽しめます。ちょっと臭いウィスキーがお好きな方はぜひお試しあれ。

 

 

 

<過去の記事>

 

社長のMUSIC BOXから(vol.1)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.2)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.3)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.4)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.5)

 

 

|音楽と住まいで最高の地元ライフ|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|キノイエ|

家族のタイムテーブル


June 21, 2017

June 21, 2017

住宅建築業界の中で、現在5万部を超える人気の書籍となっている『住まいの解剖図鑑』。もともとは住宅設計を学ぶ建築系の学生向けに書き始められたものが、設計実務を始めたプロ向けの基本を学ぶコンテンツとして進化、さらには、「もしかすると、これから自宅を建てようとする一般の人にも、最低限身これくらいの知識は身につけてもらってもいいのでは?」との思いから加筆修正が加えられて生まれたのが本書です。

 

 

 

 

そのため、本当にいい家を建てたいと考えている方の中で、非常に敏感な方は既にこの書を手にしているかもしれません。これを読めば、家づくりで本来見失ってはいけない非常にコアな部分に触れることができ、コンビニ化した住宅業界のパッケージ住宅を買うことが、いかに勿体ない買い物であるかということに気付かされます。あるいは反対に、「中途半端なプロ」が陥りやすい「過剰設計」の落とし穴についても厳しく指摘しているバランスの取れた指南書です。私たちから見ても非常にユーザー目線で書かれた良書だといえます。

 

 

著者は、住宅設計の第一人者である故吉村順三氏の下で9年間学んだ建築家の増田奏(ますだ すすむ)氏。「家族が日々の暮らしを営み、生命を育む「住まい」に何より大切なのはその場所が「心地よい空間」であること。」と提唱する氏の著書の中には、実は、私たちキノイエが大切にしている住まいの要諦をほとんど網羅しており、私たちにとっても非常にわかりやすい住宅づくりの教科書といっても過言ではありません。

 

 

特に、「心地よい家のプランは「引き算」でつくる」という増田氏の設計理念は、キノイエの「小さくつくって大きく暮らす」「引き算の設計」そのもの。本日は、そんな増田氏の著書の中から、独自の視点で書かれた、とても参考になる項目を一つご紹介したいと思います。

 

 

その名も「家族のタイムテーブル」

 

 

著書の中で、増田氏はこう述べています。(以下は、ウェブ上でオープンになっている増田氏の文書を引用させていただいています)

 

 

******************************

 

 

私は必ずご家族のタイムテーブルを書いてもらっている。家を建てる時点での家族構成や年齢にぴったり合うようにつくり込んでしまうと、早ければ5年で住みにくい家になってしまうことさえある。人間は必ず年をとるものだからだ。

 

 

 

 

そこで私がお勧めしているのは「割り算」。すなわち子どもの成長、あるいは両親との同居の可能性などもあらかじめ想定して間取りの可変性を確保しておこうというものだ。

 

 

例えば部屋にはドアを2つ付けておく。子ども部屋なら小さいうちは2人で1つの部屋でいいが、自立心を持ち始めたり、受験の時期が来たら間仕切って個室2つに分けられるようにしておく。子どもたちが成長して巣立った後は、もとの1部屋に戻してもいいし、別の空間として利用することを考えてもいい。部屋に出入り口が2つあると可変性はもちろん、住まいの動線に回遊性が生まれ、格段に住みやすくなる。

 

 

可変性の確保や間取りをルーズに考えるという発想は、そもそも日本の伝統的な住まい方だ。今でこそ日本の家もダイニングやリビング、寝室など、空間の用途によってプランニングされるようになったが、かつては6畳間、8畳間など、空間の広さだけが認識され、部屋名などなかった。昼間は卓袱台を出して家族でご飯を食べ、近所の人がやってきて一緒にお茶を飲み、学校から帰ってきた子どもが宿題をする空間で、夜になると布団を敷いて寝ていたのだ。

 

 

こうした暮らし方は、今でもそれとなく伝承されている。例えば小学生ぐらいまでの子どもは自分の部屋ではなく、両親と一緒に、いわゆる川の字になって寝ているケースが多いだろう。欧米の住宅では考えられないことだが、この柔軟で臨機応変な住まい方こそ日本の住宅の特長だ。

 

 

家づくりでは、建築家やハウスメーカーなどの専門家の提示するさまざまなプランを検討する中で、自分たちがどのように新しい家で暮らしていくのかがだんだんと整理されてくる。その過程で大切なのは、専門家や知人が勧めるからなどと人まかせにするのではなく、最後は自分たち家族でこのプランにすると「決心」することなのだ。

 

 

車なら実際にいろいろな車に試乗し、比較検討した上で決められるが、家の場合は、いろいろな家に同時に住んでみて実際の住み心地を比較検討して決めることなどできないからだ。自分たちで決めたのだということで、この家でこんな暮らし方をしていくとの覚悟もできる。かくして、わが家はまぎれもなく自分たち家族にとってかけがえのない最も心地よい空間になっていくのではないだろうか。

 

 

******************************

 

 

いかがでしょう。家づくりは、一生に一度と考えたとき、相手が「住宅のプロ」だと過信し、自分たちの思考を止めて全てを委ねてしまうことは、いずれ大きな後悔につながります。こうした視点を持つことで、皆様にとって本物に相性の良い家づくりパートナーを見分けることができるのではないでしょうか。

 

 

キノイエ|工務店|上越・糸魚川・妙高で最高の地元ライフ|小さな邸宅|引き算する設計|

 

 

|引き算する設計|上越・糸魚川・妙高で木の家を建てる工務店|新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|最高の地元ライフ~キノイエ|

 

1周年イベントダイジェスト


June 19, 2017

1st Anniversary|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

June 19, 2017

お待たせしました。先日開催されましたキノイエ生誕1周年記念イベントの模様をフォトダイジェストにてお届けします。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

イベントは、6月17日(土)に、これまでご来場のお客様、関係者の皆様を中心とした招待性のクローズド・プレイベント、翌18日(日)は一般公開のイベントとして開催いたしました。おかげさまで、両日共に1周年を祝うにふさわしく、とても大勢のお客様にご来場いただきました。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

会場では、ランチタイムにケータリングサービスとして、フードサロンやさいの日様のメニューをお楽しみいただきました。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

ご覧のように、会場はガーデンパーティーのようなやごやかな雰囲気に。住宅会社の見学会イベントとはまるで異なる、ゆっくりとした心地よい時間が流れていました。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

軽食を楽しみにながら、紙芝居屋ガンチャンによる紙芝居アトラクションのはじまり!はじまり!

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

どこか懐かしい昭和の雰囲気を演出しつつ、関西弁でユーモアに富んだガンチャンの紙芝居は、終始会場を爆笑の海に。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

子どもたちだけでなく、大人も夢中でクイズに参加。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

また、18日(日)の一般公開の日には、上越地域で唯一のお茶の製造元「正香園」の松木代表による「おいしいお茶の淹れ方」講座も開催。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

日本茶インストラクターの松木代表の説明は、お茶に関する目からウロコの知識が連発。皆様はご存知でしたか?玉露は茶葉として高級だから値段が高いのではなく、製造工程で手間がかかっていることに由来し、しかもお茶の健康成分の一つであるカテキンは、玉露には含まれないという事実を。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

松木代表の話を聞けば、日本茶が三倍美味しくなること間違いなし。お客様はもちろん、スタッフも釘付けでした。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

押し花の栞づくりのワークショップも親子に大人気。皆さん夢中で栞づくりに挑戦。出来上がり作品のセンスとクオリティの高さに驚きました。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

家族写真ワークショップも非常に大勢のお客様にご参加いただきました。みなさん、とてもいい表情をしています。

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

キノイエは実に多くの関係者の皆様に支えられて今日がありますが、中には、あるお客様からうれしいサプライズプレゼントが!

 

 

|1周年記念|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

なんと、キノイエの外観イラストをあしらったオリジナルケーキのプレゼント!また、この他にも関係者の皆様から様々なお祝いの言葉やお心遣いをいただきました。本当にありがとうございました!

 

 

キノイエの1年目の誕生日は、終始アットホームな雰囲気の中大勢のお客様とゆっくりとした時間を共有できた、本当に心が温まる素晴らしい2日間でした。あらためまして、スタッフ一同、全てのお客様、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

1st Anniversary|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

|1周年記念イベント|新潟県上越市・糸魚川市・妙高市の工務店|最高の地元ライフ|自然素材の注文住宅|木のデザイン住宅をつくるハウスメーカー|高性能エコハウスの新築・リフォーム|小さな邸宅|キノイエ|

最高の誕生日


June 18, 2017

1st Anniversary|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

June 18, 2017

キノイエ生誕1周年記念イベント、大盛況のうちに幕を閉じました。まずは、ご来場いただきました全てのお客様、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

1st Anniversary|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

このイベントの模様は後日詳しくこのブログにてご紹介したいと思いますが、とにかく、「最高の誕生日」といえる本当に充実した催しとなりました。

 

 

1st Anniversary|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

ただ今、写真を整理中。今しばらくお待ちください。

 

 

|1周年記念|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|最高の地元ライフ~キノイエ|

いよいよ明日は誕生日


June 17, 2017

1周年|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

June 17, 2017

キノイエの生誕1周年記念イベントの開催日が、いよいよ明日と迫ってきました。モデルハウス西側の駐車場も再整備(笑)し、準備万端で明日は皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

1周年|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

イベント内容につきましては、これまでもご紹介していますように、非常にもりだくさんの内容になっています。あらためて、その内容をこちらにご紹介いたします。

 

 

<イベントコンテンツ>

 

 

「やさいのひ」では野菜の力を最大限に引き出して健康で楽しい食シーンを提案しています。

料理する楽しみ食べる楽しみ出会う楽しみが食材を通して広がっていくことを願っています。

 

 

「紙芝居屋ガンチャン」

午前の部・12:00~ / 午後の部・14:30~

 

 

タイムスリップしてちょっと前に戻ったような気分になれる

「紙芝居」とのコラボレーションで皆さまに楽しんでもらえると嬉しいです。

 

 

「暮らしのワークショップ~押し花の栞づくり」

随時受付

 

 

ではこの季節に咲く野花や野草を「押し花」にして「しおり」作りにチャレンジ。

参加無料でお好きな時間で楽しめますのでぜひご参加ください。

 

 

「家族写真ワークショップ」

随時受付

 

1周年|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

さらに「家族写真ワークショップ」ではキノイエのこだわりのひとつでもある「黄色いソファ」の前で

記念撮影。普段、なかなか揃って撮影する機会がない方も、この機会にぜひ撮影しませんか。

もちろん撮影はデータでお渡しいたします。

参加無料でお好きな時間に撮影することができます。

 

 

正香園お茶のおいしい淹れ方ワークショップ」

午前の部・10:30~ / 午後の部・13:30~、15:00~

 

雪の香テラス|正香園|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|木の家の新築・リフォーム|キノイエ|

 

正香園の3代目、松木氏に教わる「お茶のおいしい淹れ方」WORKSHOP。

今年、北陸新幹線上越妙高駅隣接のフルサットに、新たなスウィーツブランド「雪の香テラス」をオープン予定。歴史ある茶業と新しいものを発信し続ける松木氏のワークショップはスタッフ注目のイチオシワークショップです。

 

 

とにかくご来場いただいた皆様には これまでの1年間のありがとうをお伝えできるまたとない日ですので、 スタッフは今からドキドキ、ワクワクのはやる気持ちを抑えながら、今からお迎えの準備に余念がありません。大勢の皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

当日の各種ワークショップ(押し花の栞づくり・家族写真Workshop・お茶の入れ方)は、事前にお申込みいただくと、スムーズに体験が可能ですので、まだお申込みをされていない方は、上記の各種リンクからお申し込みいただくか、直接お電話( 0120-69-6711 )ください。

 

 

1st Anniversary|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

|おけげさまで1周年|工務店がつくる自然素材の木の家|上越・糸魚川・妙高の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|最高の地元ライフ~キノイエ|

12
前へ 次へ
Copyright c kaneta All Rights Reserved.