Staff Blog Staff Blog

続き:「雁木のある暮らし」


August 28, 2017

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

August 28, 2017

前回の続きです。上越市内で建設中の「雁木のある暮らし(仮称)」の家、今回は内部を少しだけご紹介します。

 

 

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

写真手前側、キノイエのアイデンティティともいえる、ひときわ存在感のあるリビング天井の梁はあらわしになる予定です。その奥には全館換気システムのダクトが見えます。キノイエの全館換気システムは、第1種熱交換システムを採用しています。また、前回の気密試験ではC値=0.27㎠/㎡でしたので、地域トップクラスの気密性能(完成前にもう一度試験を行います)。加えてPM2.5クラスの微細物質も99%カットするフィルターも標準装備していますので、常に室内環境はクリーンで省エネ。ちなみに、エアコンは工事用の仮設エアコン(撤去予定)です。

 

 

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

 

 

 

 

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

小さくつくって大きく暮らす。こちらの住まいは11月の完成予定です。内部の仕上げが進みましたら、またこちらでご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに。

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の工務店がつくる自然素材の木の家|現代町家の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|小さな邸宅~キノイエ|

建築中「雁木のある暮らし」


August 26, 2017

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

August 26, 2017

上越市内で建築中のキノイエ「雁木のある暮らし(仮称)」の工事が順調に進んでいます。本日はちょっとだけ写真でご紹介。

 

 

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

写真はファサードから玄関へのアプローチとなるメインの雁木軒裏の部分。雨の日もこの軒下を通って我が家の玄関にたどり着きます。

 

 

この地域では、かつて多くの家に当たり前のように備わっていた、まさに暮らしの必需機能であった雁木。この地域で生まれ育った私たちの幼少期の暮らしの記憶を象徴するアイデンティティのような存在。現代の暮らしに合わせ、少しだけカタチを変えて取り入れていた住まいです。

 

 

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

夏の夕暮れ時の帰宅、赤く染まる我が家の庭木を眺めながら雁木を歩いて外玄関の扉を開ける。そして土間のある中玄関を開けて「ただいま」、「おかえり」といつもの言葉を交わす・・・この写真からそんなことをイメージしてもらえると、キノイエの様々な暮らしのシーンがちょっとだけ垣間見えるかもしれません。住まいはコンパクトですが、ソトをナカをつなぎ、とても贅沢な時間と空間を生み出す設計になっています。

 

 

雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

小さくつくって大きく暮らす、雁木のあるこちらの住まいは11月の完成予定。完成見学会も計画中です。どうぞお楽しみに。
|雁木のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の工務店がつくる自然素材の木の家|現代町家の新築・リフォーム|高性能エコハウスの注文住宅|小さな邸宅~キノイエ|

二日目のカレーは危ない?


August 25, 2017

August 25, 2017

今年の夏は本当に異常な天候で、じめじめとした日が続きます。だから本日は趣向を変えて、この季節にいちばん気をつけなければいけないテーマの一つについて触れたいと思います。

 

 

それはずばり、「食中毒」です。気温の上昇と共に微生物の働きが活発になってくるこの季節、サルモネラ菌やO-157、カンピロバクターなどの細菌にまつわる食中毒のニュースや話題も多いのですが、実はまだあまり知られていないのが、「ウェルシュ菌」の存在です。このウェルシュ菌という名前、あまり聞きなれない名前だと思いますが、実は、自然界のいたるところにも存在し、人や動物の腸内にも存在するごくありふれた細菌の一つなのです。

 

 

最大の特徴は、「加熱しても死なない」ことに加え、ある一定温度状態の中で「短期間に爆発的に増殖する」という性質をもっていることです。

 

 

 

 

ウェルシュ菌は、加熱されている間も「芽胞(がほう)」と呼ばれる硬い殻に守られ、しぶとく生き延びます。生き残った芽胞は、鍋の火を止めた後内部の温度が50℃以下に下がったところから爆発的に増殖を始め、わずか数時間ほどで食中毒を起こすレベルにまで達するのだそうです。「カレーは二日目が美味しい」とよく言われますが、煮込んだカレーが冷まされないまましばらく常温に放置されていると、ウェルシュ菌にとっては最適の環境。42℃~45℃の温度下では特に増殖が進みます。そして、いちばん誤解を招きやすいのが「再加熱」の問題。ウェルシュ菌の場合、前述の通り、一度増殖した菌は再加熱してもそう簡単には死滅しませんので、要注意です。これはもちろん、カレーだけでなく、豚汁やシチューなど、一度に鍋で大量に煮込んだ食材全般にいえることです。

 

 

それを防ぐ方法は、「すぐに冷ます」こと。ウェルシュ菌は、15℃以下の環境下では増殖が抑制されますので、なるべく早めにその温度以下にまで下げることが肝心です。ただし、温かいままの鍋を冷蔵庫に入れたとしても、鍋の容積が大きければ冷めるまでに相当の時間がかかってしまい、やはりウェルシュ菌にとっては増殖するための好都合の環境が生まれてしまいます。すぐ冷ますためには、鍋の中身をすぐに小分けにして冷蔵庫に入れたり、鍋自体をより大きな水の入った鍋に浸たし、かき混ぜながら短期間で冷やすなど、工夫する必要があります。

 

 

ちょっとした知識で、今年の残暑を健康で乗り切りましょう。

 

 

 

|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|ZEH対応|夏涼しく快適な木の家|キノイエ|

フォトコンテスト入賞者発表!(オレンジフェア2017)


August 24, 2017

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

August 24, 2017

カネタ建設のウェブサイトにて昨日公表になりましたが、こちらでも同じくご紹介させていただきます。

 

 

昨日は、オレンジフェアのスタッフたちにとって、とてもとても悩ましい1日でした。そう、理由は、フォトコンテストの審査結果発表の日だからでした。

 

 

年に一度の夏の大感謝祭「オレンジフェア」は、今年から新リーダーに引き継ぎがされ、そのリーダーたちはこれまでの先輩たちが12年間築いてきたたくさんの想いを背負い、大きなプレッシャーの中、今年の第13回目を無事に成功させることができました。その最後の仕上げの仕事になるのが、このフォトコンテストの審査結果発表なのです。

 

 

オレンジフェア当日から、8月20日までの間に、SNSでの投稿やメールでのご応募によって集まった数多くの作品の中からスタッフの独断と偏見にて選考をさせていただきましたが、いただいた写真はどれも素敵な家族のシーンばかり。とても悩みました。そこで様々な意見がある中、「同じ場所」で「同じ楽しい」を共感しながらも「家族にしか撮れない1枚」を一つの選考基準に、入賞者を決定いたしました。

 

 

まずは、早速最優秀賞の発表からです。

 

 

【最優秀賞】

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

ペンネーム:スミレグミ様

 

 

私たちスタッフがカメラを構えたら誰であってもついかしこまってしまいます。この「っくぅ〜ったまらないね!」というふたりの表情は「家族だから撮れた」一瞬です。おめでとうございます!

 

 

※当選者様には後日、ご連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。

 

 

そして入選は4点です。

 

【入選】

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

ペンネーム:どっちゃん様 (Twitterより)

 

 

この表情は家族ならではの笑顔。最高です。

 

 

【入選】

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

ペンネーム:yoshio_33様

 

 

しっかりアウトドアチェアまでお持ちいただき、オレンジフェアを満喫していただいている様子には私たちスタッフも大満足です。

 

 

【入選】

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

ペンネーム:marie_tsuchida 様

 

 

微笑ましい…。思わずそうめんを差し出したくなるくらい。こんな夢中になってもらったらそうめんチームのにやけ顏が浮かびます。

 

 

【入選】

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

ペンネーム:aya.s777様

 

 

帰るまでが遠足…小さい頃、いつもおんぶしてくれていた両親のことを思い出しました。寝てしまうまで思い切り遊んでくれて、ありがとう!

 

 

以上、当選された皆さま、おめでとうございます!!

 

 

また、今回はスタッフの独断と偏見で5点のお写真を選ばせていただきましたが、フォトコンテストに参加いただいたすべての皆さま、また、オレンジフェアにご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!皆さまの笑顔が私たちスタッフの活力です。

 

 

最後になりましたが、一言でフォトコンテストといっても、その中には非常に強い思いが込められています。以下そのスタッフたちの思いをご紹介します。

 

 

***   ***   ***

 

長い長い夏休み。

あなたはどう過ごしましたか?

 

 

「休みだからって言ってゲームばかりしてないの!」

 

 

そんな風に怒られていませんか?

せっかくの夏休み。

外で思いっきり遊びませんか?

 

 

初めてのことに挑戦して、

初めて見るものに出会って、

おいしいものをおなかいっぱい食べて、

思いっきりずぶぬれになって・・・

 

 

お父さお母さんのときはそれが当たり前だった夏休み。

でも、今の子どもたちには貴重な夏休み。

 

 

遊びたい気持ちは一緒なのにどうして?

それはきっと“アソビバ”がどんどん無くなってきたから・・・

 

 

「今日は一日、思いっきり遊んでいいよ!」

 

 

そう言ってあげられる“アソビバ”を私たちは届けたい。

 

 

でもね、お父さんお母さん。

それは子どもたちだけじゃない。

 

 

自分の子どもと一緒に遊んであげてますか?

「ホントは一緒に遊びたいのに・・・」

それは大人と子ども、どっちも思っているコト。

いつもは仕事で忙しいお父さんお母さん。

今日は一緒に遊びましょう!

 

 

お父さんお母さんにも初めての発見、きっとたくさんあるハズだから。

 

 

こんなに勇気をもった子どもになりました。

こんなに負けず嫌いになりました。

こんなにまっすぐ笑える子になりました。

 

 

お父さんお母さんのお子様はここまで大きくなりました。

 

 

一緒に遊んで、見つけてください。

だから、私たちスタッフも全力で遊びます!

みんなで一緒にこの“アソビバ”で、思いっきり遊びましょう!!

 

 

そんな家族の大切な思い出が詰まった大切な1枚の写真。

お子様だけじゃない、家族みんなの成長記録が私たちは見たいのです!

 

 

大人と子どもが一緒に“コドモ”になる。

そんな楽しい1枚を今年のナンバー1に!!

一緒に遊んで、笑顔にあふれるお子様とファインダーの奥にいるお父さんお母さん。

今年もみんな立派に成長しましたね。

ステキな家族の一瞬を、遊ばせてください!

 

 

すべてのお客様への感謝を込めて・・・

今年もありがとうございました!!

 

 

オレンジフェア2017 スタッフ一同

 

 

***   ***   ***

 

 

また来年、オレンジフェアでお会いできることを楽しみにしております!

 

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|ZEH対応|夏涼しく快適な木の家|キノイエ|

二種類ある「日本の森」


August 21, 2017

August 21, 2017

日本の森.jpによりますと、日本の国土面積は3779万haあり、そのうち森林は2512万haの面積を有しています。つまり、私たちの国土の約7割は森林なのです。世界を見渡すと、森林の減少は加速しており、毎年東京都の面積の約24倍もの森林が消滅しているというデータもある中、日本の森林面積は約40年間ほぼ変わらず。むしろ森林蓄積量は年々増えているのだそうです。

 

 

 

 

森林の保有率を世界で比較した場合、日本は先進国の中でフィンランドに次いで2番目の高さ。そう、日本は世界有数の森林国なのです。ところが、一方で日本の木材自給率は約3割。使用する木材の約7割を輸入しているのが現実なのです。

 

 

世界有数の森林国なのに木材は輸入に頼っている日本。なぜこのようなことが起こるのでしょう?

 

 

その謎を解くカギは日本に存在する「二種類の森」です。

 

 

日本に存在する森林2512万haのほぼ半分(約1300万ha)は「天然林」と呼ばれ、自然の力で生まれ育ったまさに天然の森林のことを指します。日本の天然林の多くは広葉樹林で、日本人の暮らしと共にあった里山や鎮守の森、あまり人が入らない奥山まで、天然林は幅広く分布しています。

 

 

 

 

一方、残り半分の森林面積のうち、約4割の1000万haにあたる部分に「人工林」と呼ばれる林があります。人の手で植え育てられた人工林の約9割は、スギ、ヒノキに代表される針葉樹林。生長が早く建築資材等に利用できるため、高度成長期である昭和20~30年代頃に、戦後の復興に必要な木材を確保するために政府が実施した「拡大造林政策」によって増加したといいます。当時の家庭燃料は木炭や薪が中心。木材は生活に欠かせない存在だったため大量に植林されました。

 

 

 

問題はこの人工林です。この人工林の多くが現在「手つかず」の状態になっていることをご存知でしょうか。このブログの冒頭、日本は現在、7割の木材を輸入に頼っているとお話ししました。頼ることになってしまったその原因は、建築業界が住宅の工業化に伴い、海外からの安い木材の輸入に業界が流されてしまったことに端を発しています。この状況はしばらく歯止めがかからず、やがて、日本の林業は次々に音を上げていきました。これまで日本の人工林は、密植をして後に間伐をするという独特のやり方によって、良質な木を育ててきました。手間暇をかけて大切に森を守ってきたわけです。ところが、人工林を管理する者がいなくなれば、当然間伐が行われなくなります。間伐が行われないと、密植された杉やヒノキは、本来間伐により根元まで届くはずの日光を遮り、お互いの栄養を奪い合い、徐々にやせ細っていき、一部は朽ちていきます。「植えたまま」の状態が続くと、その森林はまるで雑草が密集したような荒れた山林となり、時に水害や地崩れなどの災害をも引き起こすことがあります。現在、日本全域で、この「手つかずの人工林」が拡大し、下の写真のように荒廃した森林が各地で見られるようになってしまったのです。

 

 

 

 

一方で、今でもしっかりと人工林を守り育てている方々もいます。奈良県橿原市、吉野岡橋山の十七代目当主である岡橋清元さんは、1haあたり1万本の苗木を植え、それが100本になるまで、およそ250年かけて、10年に1回ずつ、代々に及び、息長く伐採し続けているのだそうです。

 

 

※写真はイメージです。

 

 

収入の源泉は、その間伐材。間伐材といっても樹齢は130年を超えた大木です。当然ですが、昔と比べて採算性は落ちていくため、「作業道づくりの名人」として知られる林業家の大橋慶三郎さんに師事し、25年前から山間部を網の目のように通る林道づくりを手掛けることにより、伐採から運搬までの効率性を上げ、いつでも良質でしっかりと育った大木を出荷できるような体制をつくっています。

 

 

※写真はイメージです。

 

 

日本の森林を守ることは、日本の木材を守り、日本の家づくりを守ることにつながります。

 

 
|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|ZEH対応|夏涼しく快適な木の家|キノイエ|

YKK株式会社様より感謝状


August 19, 2017

K-TOWN|YKK株式会社|上越・糸魚川・妙高で高性能エコハウス|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|カネタ建設|

August 19, 2017

この度、大変栄誉ある感謝状をいただきました。

 

 

K-TOWN|YKK株式会社|上越・糸魚川・妙高で高性能エコハウス|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|カネタ建設|

 

 

誰もが知るファスナーの世界企業、YKK株式会社様並びにYKK不動産株式会社様が手掛ける黒部駅前の再開発事業「K-TOWN二期工事」の施工業者として、YKK𠮷田会長より直接手渡しにて感謝状の盾をいただきました。

 

 

YKKグループ様とのご縁は、一昨年の11月に竣工した北陸エリア初のドイツパッシブハウス認定住宅「前沢パッシブハウス」(設計:キーアキテクツ)の施工を担当させていただいたことから始まりました。現在、前沢パッシブハウスは日本屈指の窓メーカーであるYKKAP株式会社様の窓性能の実力を余すところなく体験できる超高性能住宅として、これまでに数多くの業界関係者が視察に訪れ、現在は多くの建築雑誌でも取り上げられています。弊社はこの施工をご縁に、翌2016年に、YKKグループの社員寮として設計されたK-TOWN二期工事の全14棟中6棟を担当。この度、同グループが手掛けてきたパッシブタウン1~3期棟の竣工記念と合わせ、主たる設計・施工関係者が招かれ、感謝状が贈呈されました。

 

 

前沢パッシブハウス|黒部市|YKK|カネタ建設|上越市・妙高市・糸魚川市で最高の地元ライフ|自然素材の注文住宅|木の家をつくる工務店|デザイン住宅・高性能エコハウスの新築・リフォーム|小さな邸宅|キノイエ|

北陸エリア初のドイツパッシブハウス認定の「前沢パッシブハウス」は、現在多くの建築雑誌にも取り上げられています。(設計キーアーキテクツ/施工:株式会社カネタ建設)

 

 

この度竣工したYKKグループの社員寮「K-TOWN」二期工事。1棟4世帯の単身寮計14棟があいの風とやま鉄道黒部駅前に出現。(設計:アプルデザインワークショップ/施工:第一建設工業株式会社〈2棟〉・株式会社カネタ建設〈6棟〉・共和土木株式会社〈4棟〉・廣川建設工業〈2棟〉)※YKK株式会社様報道資料より

 

 

K-TOWN二期工事の建物内部 ※YKK株式会社様の報道資料より

 

 

8月6日は、K-TOWN二期工事並びにK-HALL竣工式典が執り行われました ※YKK株式会社様報道資料より

 

 

K-TOWN|YKK株式会社|上越・糸魚川・妙高で高性能エコハウス|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|カネタ建設|

 

 

グループ企業は全71ヵ国111社。社員総数4万4,000名超、グループ連結売上7,000億を超える巨大企業でありながら非上場。そして本社機能の一部を事業発祥の地富山県黒部市に移管し、同時に黒部駅前の賑わいを取り戻すべく取り組んだのが、このK-TOWN事業。グループを束ねる𠮷田忠裕代表取締役会長CEOの黒部のまちづくりに対する並々ならぬ強い思いが凝縮された事業ですが、そこに私たちが大きく関わることができたということ、そして、その実績が𠮷田会長をはじめYKKグループの皆様に評価されたことはこの上ない喜びです。

 

 

これを励みに、私たちは更なる技術の向上とお客様の暮らしに寄り添った家づくりに邁進していこうと心に誓いました。

 

 

K-TOWN|YKK株式会社|上越・糸魚川・妙高で高性能エコハウス|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|カネタ建設|

弊社代表猪又宛に吉田会長直筆のサイン入りの著書『YKKの流儀』もいただきました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|ZEH対応|夏涼しく快適な木の家|キノイエ|

社長の夏休み


August 17, 2017

なつやすみ

August 17, 2017

今年のお盆の連休は、最大で10日間という方もいれば、平日と変わらない勤務という方もいらっしゃったかと思います。皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

 

弊社は13日~本日の17日までの間、お盆の休業とさせていただいています。普段仕事しか頭にないように思われがちな弊社代表猪又ですが(笑)、本人もまた、このお盆休み期間は家族との時間を楽しませていただきました。

 

 

今年の連休期間は天候が不安定で、なかなか海山のアクティビティに挑戦できませんでしたが、帰省中のいとこ家族と共に、近隣のプールやボウリング、ミニアスレチックや妙高のイルミネーションなど満喫しました。その時の映像を、最近流行りの「インスタ映え」を意識したスナップでまとめました(笑)ので、こちらをどうぞ。

 

 


|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|ZEH対応|夏涼しく快適な木の家|キノイエ|

社長のMUSIC BOXから(vol.10)


August 15, 2017

August 15, 2017

代表猪又の趣味でセレクトされているモデルハウスのBGM。そこからのアーティストピックアップ「社長のMUSIC BOXから」、本日めでたく(笑)10回目を迎えました。

 

 

本日ご紹介するのは、日本でも非常に人気のバンド「Maroon 5(マルーンファイヴ)」です。

 

 

 

 

「Maroon 5」は、米カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたバンド。1994年に4人組バンド「Kara’s Flowers(カーラズ・フラワーズ)」としてデビュー。2001年に5人編成になったことからバンド名を現在の「Maroon 5」と改名。2002年にリリースした1stアルバム「Songs About Jane(ソングス・アバウト・ジェーン)」がロングヒットを飛ばし、『第47回グラミー賞』最優秀新人賞など数々の賞を受賞して一躍有名になりました。

 

 

Maroon 5の魅力は、あまり説明がいらないほど、なんといってもその親しみやすくおしゃれな楽曲です。そして、ボーカルのAdam Levine(アダム・レヴィーン)の華があり抜けるようなトーンの歌声に、ルックスのよさが相まって、世界中で多くのファンを魅了しています。親近感のある爽やかな楽曲、ルックス、ファッション、映像と、現在のミュージックシーンで成功する要素を全て兼ね備えたアーティストともいえます。

 

 

 

 

彼らの楽曲は日本でも数多くTVCM等で採用されていますので、耳にしたことのある人が多いのではないでしょうか?ミュージックビデオはどれも手の込んだドラマ仕立てのものが多くなっています。

 

 

 

 

 

 

以下3曲は、彼らの人気を決定的にした1stアルバム「Songs About Jane(ソングス・アバウト・ジェーン)」から。実はこのアルバム、2002年の発売当初、アメリカではほとんど注目されなかったのですが、後にアルバム収録曲が映画のサウンドトラックに収録されたり、有名バンドのツアーで根気よく前座を務める中から次第に話題となっていき、2004年9月4日にはBillboardチャート6位まで上昇しました。発売から2年以上経てのTOP10入り、これは音楽セールス集計史上、最も長い時間をかけてTOP10入りしたアルバムとなります(集計機関エーシーニールセン調べ)。なお、このアルバム・セールスは全世界で既に1000万枚を突破しています。後半の2曲は少しきわどい映像になっておりますので、ご注意ください(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

特にこの夏という季節にぴったりのポップなサウンド、ですが、歌詞をよく見ると意外に失恋やダーティーな内容の歌詞が多かったりして、そのギャップにも注目です。ご興味のある方は、ぜひ検索してみてはいかがでしょう?

 

 

<過去の記事>

 

社長のMUSIC BOXから(vol.1)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.2)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.3)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.4)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.5)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.6)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.7)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.8)

 

社長のMUSIC BOXから(vol.9)

 

 

|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|ZEH対応|夏涼しく快適な木の家|キノイエ|

家族の歴史


August 14, 2017

|上越・糸魚川・妙高で高性能エコハウス|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

August 14, 2017

弊社は、お盆期間の8月13日(日)~17日(木)の間、一部の業務を除き、休業とさせていただいております。住宅会社であれば、本来お盆は営業期間とするのが一般的ですが、日頃のスタッフたちの働きぶりと家族・親戚との時間を大切にするという思いから、お休みとさせていただいていただきました。

 

 

さて、弊社代表猪又もこの13日は地元でお墓参りと親戚回りをしてきました。その訪問先の一つである親戚宅でこんな写真をもらいました。

 

 

|上越・糸魚川・妙高で高性能エコハウス|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

これは、3年前に亡くなった代表猪又の父(会長)の幼少の頃の写真(左側)。当時8歳、10歳の兄と二人で映ったこの写真の時代背景は終戦前の1943年、場所はなんと現在の北朝鮮の日本人学校だそうです。当時日本の統治下にあった清津(チョンジン)市という港町は、港湾工業都市として重要な拠点として多くの日本人が移住しており、この上越地域からも大勢の家族が移住していたようです。

 

 

その後、戦況が悪化し、多くの日本人が帰国を始める中、代表猪又の父親家族は日本が戦争に負けることを予測できず、そのまま清津市に残ったそうですが、その後の敗戦で状況が激変。朝鮮半島の山奥から逃げるように各地を転々と移動し、命からがら一年かけて帰国したという歴史があります。その間、兄弟は38度線付近の町でしばらく収容所に入れられ、労働を強いられる生活を送った経験も。周りで多くの仲間が栄養失調その他で次々と命を落としていく中、林檎畑での労働の際に口に入れていた林檎の栄養に助けられたのか、奇跡的に生還した兄弟二人は一年後、無事に祖国の日本に戻ることができたのだそうです。

 

 

現在の弊社があるのも、家族がこうして健康で過ごせているのも、こうした運命の歯車が回ってこそ。感謝の言葉しか見つかりません。お盆のお墓参り、親戚参りで、先人のお話に耳を傾けると様々な家族の歴史を知ることができます。非常に貴重な時間です。

 
お盆の連休期間、皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

 

 

代表猪又のいとこ家族。写真の他にもうひと家族いますので、お盆は通常総勢18人の大宴会になります。

 

 

|上越・糸魚川・妙高の注文住宅工務店|自然素材の新築・リフォーム|ZEH対応|夏涼しく快適な木の家|キノイエ|

奇跡の一日


August 12, 2017

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

August 12, 2017

昨日開催されました弊社感謝祭「オレンジフェア2017~恐怖だらけのなつやすみ。」には、本当に大勢のお客様にご来場いただきました。この場をお借りしまして心より厚く御礼申し上げます。

 

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

台風5号通過の影響で前々日までが土砂降りのような天気。当日までの数日間、天気予報はめまぐるしく変化し、前日の晴れからまたもや夜間は雨。当日の朝方まで霧雨のような雨模様が続いていたので、スタッフ一同、開催ギリギリまでひやひやしていましたが、おかげさまで、イベント開催時間中はやや曇りながら雨に当たることなく無事にイベントを終了することができました。

 

 

また、一夜明けた本日も午前中からまたひどい土砂降りになったことを考えると、オレンジフェア開催日はまさに「奇跡の一日」と呼ぶにふさわしい一日となりました。毎年楽しみにいていただいている大勢のお客様、協力業者並びに関係者の皆様、そして実行委員をはじめとする弊社スタッフの皆様に心から感謝の気持ちでいっぱいです。今年で13年目を無事終えたオレンジフェアですが、今後も皆様のご期待をいい意味で裏切る楽しいアトラクションをご用意してまいりたいと思います。来年以降もぜひお楽しみに!

 

 

糸魚川タイムス1面記事20170812|オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

地元新聞『糸魚川タイムス』様の一面記事でご紹介いただきました。(8/12)

 

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

 

 

「オレンジフェア2017」の様子は、カネタ建設のブログページにて、早速写真ダイジェストをUPさせていただいておりますので、ぜひこちらもご参照ください。

 

 

オレンジフェア2017 フォトダイジェスト(抜粋)

 

 

|オレンジフェア2017|カネタ建設|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家の注文住宅工務店|キノイエ|

12
前へ 次へ
Copyright c kaneta All Rights Reserved.