Staff Blog Staff Blog

共同開発~より高いコストパフォーマンスを求めて


March 29, 2018

プレウォール工法

March 29, 2018

キノイエの構造は、プレウォール工法と呼ばれるパネル工法を採用しています。

 

 

プレウォール工法

 

 

この工法については、ブログで度々取り上げていますが、あらためて整理すると、採用するメリットは以下の3点になります。

 

 

(1)繰り返しの地震にも耐える高い耐震性能

軸組と床・壁パネルを組み合わせ、耐力壁をバランスよく配置する「モノコック構造」が実現。「モノコック構造」は、ジャンボジェット機にも使われる一体構造のことで、どの方向から荷重がかかっても全体に分散し、 部分的なひずみやくるいが生じにくいのが特徴です。また、構造用合板が外面につく「大壁構造」ではなく、柱と柱の間に収まることで構造材の釘抜けによる強度劣化が起こらない「真壁構造」により、繰り返す余震にあっても耐震性能を維持する構造を実現しています。

 

 

aa

 

大壁工法 プレウォール工法

 

 

 

(2)最高ランクの断熱素材による高い断熱性能

一般的な住宅に使用されている断熱材「グラスウール」にくらべて 約2倍の断熱効果で世界最高レベルの断熱性をもつ「フェノールフォーム」を採用し、家全体をすっぽりと包み込むように施工することで、より確かな高気密・高断熱を実現し、1年中、快適で省エネな家をかなえます。

 

フェノールフォーム断熱材

 

kinoie2

 

 

(3)高温多湿な日本の気候風土に耐える高耐久性能

水を吸い込まず湿気に強いフェノールフォームは結露の心配が一切なく、長期にわたり品質特性を維持することが可能です。また、高精度の工場生産体制により生まれる商品であるため施工現場でのばらつきがないという点が大きな特徴になります。 長期に渡る安定した品質で、お客様の健康な暮らしに対する安全・安心を考えた末の選択です。

 

<内部結露のメカニズム>

 

【他素材】

壁(断熱材)の中が湿っている状態が続くと、柱や土台を腐らせる原因となり、建物の耐久性を損なってしまいます。

 

img01a

 

【プレウォール】

壁(断熱材)の中は常に乾燥。さらに気密性も高いので、湿気が入りこむすきを与えません。柱や土台が腐ることなく、健康な状態を保ちます。

 

img02a

 

 

img03b

 

 

なお、こちらの補足解説につきましては、過去のブログ記事(抜粋)も併せてご参照ください。

 

 

<関連ブログ記事>

「倒壊しない家をつくる」

「断熱性能は施工精度が命」

「エアコン1台で家中涼しい暮らし」

 

 

 

さて、本日皆様にご紹介したかった話題はこちら。このプレウォール工法、実は現在の商品ラインナップに弊社の現場の知恵と工夫が反映されているのです。

 

 

<初期プレウォールパネルの商品バリエーション>

 

img08

柱角105㎜用

 

img09_01

柱角120㎜用

 

 

当初、プレウォールの標準仕様は、断熱材であるフェノールフォームの厚みが45㎜(柱角105㎜用)と66㎜(柱角120㎜用)がありました。2016年春、私たちはそこに、柱角105㎜の構造体に「より高断熱性能を実現するコストパフォーマンスのよいプレウォールをつくれないか」と、メーカーであるウッドリンク株式会社の開発担当者に打診。そこから弊社の技術スタッフとの共同開発がスタートしました。パネルの取付方法や金物の処理方法、配線スペースの確保など、施工現場に関わる諸課題を一つひとつクリアしながら試行錯誤を重ね、ついに2016年秋、弊社の新築現場で初めて採用(2017年春完成)されたのが、柱角105㎜に外側45㎜+内側20㎜のフェノールフォームをサンドイッチした新型のパネルになります。

 

 

<弊社との共同開発商品>

 

kinoie3

柱角120㎜に比べて壁厚が薄くなる柱角105㎜でも内側に20㎜のフェノールフォームを追加することで、120㎜角用の標準パネルに肉薄する断熱性能を実現したコストパフォーマンスの高い商品(弊社との共同開発)

 

 

これにより、これまで120㎜角の構造体でなければ実現できなかった66㎜相当の断熱レベルに肉薄するコストパフォーマンスの高いパネルを105㎜角の構造体で実現することが可能となったのです。「価格によりお客様の選択幅を広げ、コストパフォーマンスを維持しながらさらに性能の高い構造体を実現できるようにしたい」という私たちの強い思いがメーカー側との交渉を実現させました。ちなみに、この商品は現在、多くの住宅会社での採用が進んでいます。

 

 

これが元となり、その後、さらに高断熱性能を追求した柱角120㎜用の上位グレードとして外側66㎜+内側20㎜のオプションタイプが登場し、現在ウッドリンクではお客様のニーズとコストに合わせて4つのラインナップからパネルを選択できるようになっています。

 

 

<その後新たに投入されたオプション商品>

 

img09_02

柱角120㎜用に内側20㎜の付加断熱を施したオプション商品

 

 

気密試験|高気密住宅|上越・糸魚川・妙高で建てる木の家|注文住宅工務店|新築・リフォーム|キノイエ|

 

 

こうした建材メーカーとのタイアップが可能な背景には、設計に関する経験値と現場での高い施工実績に対する信頼があればこそ。

 

 

キノイエ

 

 

上越地域に見合った、より高品質で高耐久な家づくりを目指して、私たちの飽くなき探求・進化は続きます。

 

 

プレウォール|キノイエ|上越市|糸魚川市|妙高市|注文住宅|高気密高断熱住宅|パッシブデザイン

 

 

|土間のある暮らし|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|あたたかい家|高気密高断熱|パッシブデザイン|

Copyright c kaneta All Rights Reserved.