Staff Blog Staff Blog

城下町高田 ~ kinoie陀羅尼町の家~

September 13, 2021

今回は、「陀羅尼町の家」のある城下町高田の暮らしについてお話してみたいと思います。

 

上越市高田を調べてみるとまず上がってくるキーワードが高田城址公園の桜、そして「町家」と「雁木」が出てきます。

 

 

雁木通り全景|上越市高田|小さな邸宅キノイエ|カネタ建設

 

 

私(スタッフN)も上越出身ですが、実家は町家ではなかった為この仕事に携わるまで町家とはどのような家なのか知りませんでした。

 

町家とは、間口が狭く奥行きの長い家のつくりをいい、狭い土地により多くの町民が住むためと間口の幅で税が決まった事から造られるようになったと言われています。

 

 

通り庭|雁木|上越市高田|小さな邸宅キノイエ|カネタ建設

町屋の特徴の一つ「通り庭」

 

 

上越地域には高田と直江津地域それぞれに町家の並ぶエリアがあります。その一帯に現存する古い建物のほとんどは昭和中期から明治期に建てられたものですが、中には江戸時代後期に建てられた町家も残されています。

 

 

旧今井染物屋|上越市高田|小さな邸宅キノイエ|カネタ建設

旧今井染物屋:江戸時代末期の建物。上越市内に現存する町家の中でも最も古く最大級の町家

 

 

この町家のもう一つの特徴が「雁木」です。

 

 

雁木通り|上越市高田|小さな邸宅キノイエ|カネタ建設

 

 

江戸時代、「この下に高田あり」と高札がたてられたほど豪雪地帯だった高田では、冬季間でも人の往来ができるよう、家の前に張り出した庇である雁木が作られました。

 

雁木通りは最盛期には17.9キロにも及んだと言われ、現在は駅前や商店街のアーケードなども含め16キロ程の雁木が現存し、日本一の長さを誇っています。

 

雁木は母屋の一部であり、雁木の下は私有地なので、庇の高さや下の舗装も一軒一軒異なります。

 

大雪の時ばかりでなく、雨風や夏の日差ししのぎ安全な通学路としても活躍しています。

 

 

雁木通|上越市高田|小さな邸宅キノイエ|カネタ建設

 

 

こんな町家の良さを「かたち」だけではなく、「暮らし方そのものの知恵と工夫」、人として普遍的な「居心地のよさ」を現代の暮らし方に上手に変換してあげること、それがキノイエの目指す家づくりの理想です。

 

 

完成見学会|上越の平屋|陀羅尼町の家|上越高田|木の家|新築|リフォーム|注文住宅|キノイエ|カネタ建設|パッシブデザイン|

 

 

キノイエは現代町家ともいい、雪国の暮らしに根付いた土間のある空間や、雁木を思わせる軒下空間。

 

 

完成見学会|上越の平屋|陀羅尼町の家|上越高田|木の家|新築|リフォーム|注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|

 

 

陀羅尼町の家はそんな城下町高田に新しく建てられた歴史を感じさせる家になりました。

 

 

 

完成見学会|陀羅尼町の家|上越|木の家|新築・リフォーム|注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
資料請求 モデルハウス
Copyright c kaneta All Rights Reserved.