Staff Blog Staff Blog

『新建ハウジング プラスワン』に掲載されました


March 6, 2019

|雑誌取材|新建ハウジング|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

March 6, 2019

以前のブログでもご紹介した通り、住宅業界誌『新建ハウジング プラスワン』3月号(vol.822)に弊社カネタ建設の取り組みを取り上げていただきました。

 

 

|雑誌取材|新建ハウジング|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

 

 

発行元の新建新聞社さんは、1949(昭和24年)創業の建築・建設を専門とする老舗メディア会社で、タブロイド版として月3回発刊される『新建ハウジング』、並びに毎月1回発刊される雑誌版『新建ハウジング プラスワン』は全国の住宅業界のトップランナー企業を中心に愛読されています。住宅建築業界の中では、非常に信頼性の高いメディアとして広く認知されています。今回、こちらのメディア取材を受けたということ自体、私たちの経営の取り組みが評価され、認められたという意味では、非常に光栄なことです。

 

 

|雑誌取材|新建ハウジング|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

目次にも施工実績の写真入りで登場

 

 

掲載されたのは「行列工務店に学ぶ生き方」という連載コーナー。「地域貢献イベント通じて社員の意識も向上~地域の暮らしに「必要とされ続ける」企業を目指す」という見出しタイトルから始まり、本文中には、カネタ建設の創業の歴史、現代表猪又が「オンリー1の家づくり」のコンセプトを打ち出してからの成長プロセス、そして「オレンジフェア」に代表される地域還元イベントや「ライフケアおれんじ」「らっくねす」といった介護事業への進出による地域全体への貢献を強く意識した企業の取り組みを4ページに渡り、非常に詳細に取り上げていただきました。

 

 

|雑誌取材|新建ハウジング|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

 

 

その中で、特に嬉しかったのは、弊社の強みを記者さんの目から〈ベンチマーキングポイント〉として以下のように簡潔明瞭に取り上げられている部分。私たちの強みを私たち自身も再確認できる内容です。

 

 

①哲学持ちつつ柔軟な家づくり

 

「Kinoie」で自社のポリシーを示し、それを前提としたうえで顧客の多様な要望に応えることで見込み客を逃がさない。昔ながらの「何でもあり」を良しとするのではなく、どのような意味がその要望に込められているのかを読み取っていく。

 

 

②地域感謝祭「オレンジフェア」

 

毎年夏に開催している、「地域に感謝する」ことをミッションとする大規模イベント。若手を中心に、社員が主体的に関わることで、社員同士や協力業者との関係が改善したり、マネジメント力が向上するなど、社員教育にも一役買っている。

 

 

③「暮らしワンストップ」

 

高齢者が多い地方都市で営業していることを踏まえ、介護事業やデイサービスを新たに開始。住宅や建設、不動産などの蓄積と合わせて、暮らし全体をカバーする企業として生き残りを図る。

 

 

|雑誌取材|新建ハウジング|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

 

 

プロのライター記者さんを相手にこんなことを書くのも大変失礼なのですが、記者さんのヒアリング力とまとめ方が素晴らしく、自社の立ち位置を客観視できるとてもよい記事です。ついでに自分の会社が何割増しかよく見えます(笑)

 

 

|雑誌取材|新建ハウジング|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

 

 

新建新聞社様、この度は本当にありがとうございました。

 

 

|雑誌取材|新建ハウジングプラスワン|行列工務店に学ぶ生き方|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

Copyright c kaneta All Rights Reserved.