Staff Blog Staff Blog

楓蔦黄(もみじつたきばむ)


November 1, 2018

|霜降|霎時施|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

November 1, 2018

11月に入りました。二十四節気では、10/23~11/6までの時期を「霜降(そうこう)」と呼んでいます。その一つ前の「寒露(かんろ)」に続いて「霜が降りるころ」という意味で、 朝晩の冷え込みがさらに増し、北国や山里では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃とされています。野の花の数は減り始め、代わって紅葉が盛りとなる頃。露が霜に変わり、だんだんと冬が近づいてくることを感じさせる時期です。

 

 

二十四節気|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

また、七十二候では、10/28~11/1頃までの間を「霎時施(こさめときどきふる)」と呼んでいます。中国の宣明暦では「草木黄落」と呼ばれ、「草木の葉が黄ばんで落ち始める」などといった意味で、ぱらぱらと通り雨のように雨が降りはじめる頃を表します。雨が降ったかと思えば、すぐに青空が顔を出すような天気がしばしば。また、初時雨は、人々や動物たちが冬支度をはじめる合図だといわれています。

 

 

|霜降|霎時施|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

そして、明日11/2~11/6頃の間を同じく七十二候では、「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」と呼んでいます。晩秋を彩る山々が美しく紅葉する季節です。もみじや蔦が色づいてくる頃。葉が赤色に変わることを「紅葉」と呼び、銀杏のように黄色に変わることは「黄葉」と呼びます。また、秋の山が紅葉することを「山粧う(よそおう)」といいます。日本の紅葉の美しさは世界で一番ともいわれていますが、とても繊細で情緒あふれる四季の変化を楽しめる日本は本当に美しい国だと思います。

 

 

|霜降|霎時施|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

先日、とある研修で湯沢方面に出かけました。ちょうど山々が色づき始め、まさに「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」の様相が一面に広がっていました。ほどなくして、山頂から白く染まっていくことでしょう。

 

 

|霜降|霎時施|高気密高断熱|パッシブデザイン|上越・糸魚川・妙高の工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|

 

 

 

|二十四節気|霜降|七十二候|霎時施|楓蔦黄|上越・糸魚川・妙高の家づくり|木の家をつくる工務店|新築・リフォーム|自然素材の注文住宅|キノイエ|カネタ建設|高気密高断熱|パッシブデザイン|

Copyright c kaneta All Rights Reserved.